2016年10月16日:「第5回父親セミナー」を開催しました

02-dsc_0007

2016年10月16日(日)第5回父親セミナーが開催されました。

今回は最新の世界情勢および、お父さんが子どもに対して気を付けなければならない

具体的な事項についてお話ししました。

最近は、子どもの教育についてお父様が本気でかかわっていくケースが増えています。

しかし、ややもすると過熱気味になり、

お母さんや子どもの心を無視した行動をとってしまいます。

結果的には子どもを追い込んでしまい、思わぬ方向に導いてしまうこともあります。

今回のセミナーの話は、へーグルの親御様全員に聞いていただきたい内容です。

詳しくお知りになりたい方は是非、DVDをご覧ください。

陥りやすいところは日々意識して、子どもの立場で考えてあげると良いですね。

お母様より子どもと接する時間が短い分、

父親にしかできない役割を家庭の中でぜひ発揮していただきたいと思います。

06-dsc_0035

参加者の感想

・本日は有難うございました。

今後ますます少子高齢化が進んでいく日本が、

世界の中で頑張っていく原動力はやはり子どもたちだという現実を意識させていただきました。

その子どもたちが日本を支えてゆく人材に育っていけるように家庭の中の環境を整えていくのが

父親と母親の大切な役割だと思いました。

今回の父親セミナーでは父親の特徴や傾向をわかりやすく解説してくださり、

これらの生活の中で子どもとの接し方や父親のことをどのように子どもに話していくか、

とても参考になりました。

(小学2年生のお子様を持つお父様)


・子どもを取り巻いている社会の状況として、人口やエネルギーの話、

そして受験の話を聞けて良かったです。

子どもをつぶす15か条、のばす8か条はいくつか当てはまることがあったので

気を付けていきたいと思います。

子どもを入会させた頃は、有名大に入学させて、

いい会社で働いてほしいという願望が強かったのですが、

最近はまず子どもが何をしたいかを明確にさせて、

その過程にいい大学やいい仕事があればいいのかなと思うようになり、

あまりネームバリューにこだわらなくなっているので、

これもヘーグルで何度かお話を伺ったおかげだと思います。

本日はありがとうございました。

(小学3年生のお子様を持つお父様)


・毎回受講させていただくたびに新たな情報をいただき、大変感謝いたします。

人口変化が起こる世の中の環境が変わる中、何をしていかなければならないのか、

どのような人材が将来必要なのか、親として知識を持つことは非常に重要だと感じます。

子どもとの日々の会話の中で自分の興味を持つものを引き出しながら

自分の将来に対しての考えを持たせてあげられたらと思います。

父親としてやってはいけない事の中では、長男の時を振り返ると、

色々と教えてもらっていたにも関わらず、やってしまっていたと反省させられます。

現在大学受験を迎え、信頼はしているつもりが、のんびりしているところが気になっている所に

本当に信頼しきれていない自分を感じました。

子どもの気持ちは本人にしか変えられない。

本人を信じ、親としてサポートに徹したいと思います。

子どもの能力は確実に高いものになっていますが、親としては常に学ばせていただき、

生きる上での能力を最大限に発揮してもらえるように支え続けたいと思います。

本日はありがとうございました。

(5歳のお子様を持つお父様)

関連記事

ページ上部へ戻る