2015年10月22日:「プレ小学部進級説明会」を開催しました

10月22日(木)に新学期に向けたプレ小学部進級説明会を開催致しました。

IMG_1961

幼児部からの進級での一番の違いは、「自立をうながす母子分離」です。

プレ小学部ではお母様から離れ、お子様のみで取り組みを行います。

お子様が不安に感じると同じようにお母様方も期待と不安が出てくるかとは思いますが、取り組み内容については授業後にレクチャーや個別の指導にてしっかりとフォロー体制があります。

IMG_1979

幼児部までのインプット中心の授業から、アウトプットすることにより記憶の定着を確認できるような取り組みへと進んでいきます。

自分自身で考えて自分自身で成長を意識するという体験を積み重ね子どもたちは小学部へとつながっていきます。

その土台作りとなる大切な時期がまさにプレ小学部になります。

今回の説明会により参加された親御様におかれましても改めて子どもを信じてともに成長していくという気持ちが引き出されたとても有意義な2時間となりました。

今回の講義内容についてはDVD受講でのご案内もしておりますので本部校6階カウンターにてお問合せをいただければと思います。

5-加工-IMG_20303-IMG_1994

 

最後に今回ご参加された方の感想をご紹介します。

・今回は初めて立川本部に来させていただきました。

プレ年中に向けての話、親がもっと頑張らないといけないなと思いました。

やらねばと考えると、その雰囲気が子どもに悪く伝わってしまいそうなのであくまでも楽しい雰囲気でやることを心がけたいとは思います。

ヘーグルに偏りがない(進路の幅が広い)というのは良いお話でした。

その子の個性と感性で進む道がいろいろ決められるのは親にとっても楽しみです。

親も子もヘーグルを楽しく学んでよりよい人生を送れるようにできたらよいと改めて思いました。


・11月からプレ小学部に進級ということで、プレ年中さんのレッスンを見学させて頂きました。

幼児部の時より長い時間、親の手助けがなくなり一人で課題に取り組む姿がとても頼もしく感動しました。

本日、プレ小学部のプログラムの説明をしていただきこれだけ沢山のプログラムが用意されているのかと驚きました。

そしてこのたくさんのプログラムに取り組んだ1年後の姿が、あのプレ年中さん達の姿なのだと納得しました。

プレ年中さんへの進級が楽しみな反面、息子が一人でレッスンを受ける事への心配もありましたし、息子もはじめは戸惑う事も多いのではないかと思います。

「大丈夫よ、そのうち出来るから」と息子の背中を押せるプラスの言葉がけを心がけ先生方に助けていただきながら共に成長していけたらと思います。


・1才10ヶ月からヘーグルに通いはじめ、プレ年中に進級すると思うと感慨深いものがあります。

幼児部では、言葉を覚えたり、身体の発達も急激に成長した時期にヘーグルを通して、我が子の成長に驚きや喜びを間近に感じられた貴重な時間を過ごすことができました。

この度、プレ年中に進級と言われても本当にできるのか?大変不安に思っていましたが、お話を伺って、頑張り屋でまじめな娘の成長を邪魔しないためには叱りかたのお話には興味深いものがありました。

0~2才頃までは「大切に」をテーマに言い聞かせてきましたが2才頃からは「いじわる、わがまま、よくばり、うそ」をテーマにと思いながらも感情的に長々と怒ってしまったりしていました。

「叱る時はコンパクトに」と「能力では叱らずに、大丈夫、大丈夫、そのうちできるようになるよ。とフォロー」は今の私の心に大変響きました。

初心忘れず私も心あらたに気を引き締めてプレ年中を楽しめるように日々勉強をしていこうと思います。

IMG_1980_320

IMG_1977_320

関連記事

ページ上部へ戻る