2015年2月23日:代表・理事長が『社会文化功労賞』を受賞しました

この度、国際文化推進協議会より弊社代表 逸見宙偉子と理事長 逸見浩督に『社会文化功労賞』が贈られました。  「右脳教育の成果を「波動読み」にまで長年に渡って進化させ、世界にまで波及、浸透させた功績」が評価され受賞しました。  国際文化推進協議会とは、1971年に、初代総裁として戦後初の内閣総理大臣東久邇宮稔彦殿下(元皇族)が務められ、現在は元皇族である伏見博明殿下が第5代総裁です。 当会の傘下には、多くの交流団体があり、「国際学士院」は。中世の英国ケンブリッジの学者を中心に組織され、ヨーロッパで最も古く権威のある学術団体です。現在、加盟する学者・聖職者・文化人は107カ国に及んでいます。その団体は、U.S.A財団法人国際学士院、U.S.A財団法人リンカーン記念平和財団、世界宗教法王庁、インド政府財団法人日印文化財団、新日本美術院などです。  この受賞を機に、さらに右脳教育を進化させ、日本、世界の人々に新たな教育の成果を確実なものとするため、さらに精進してまいります。

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る