2021年7月8日:「小学部保護者セミナー」を開催しました

2021年7月8日(木)に小学部保護者セミナーを開催致しました

今年度の小学部保護者セミナーは小学部の全員が対象である例年とは異なり、壱萬会生の保護者様が該当となるセミナーとなります。壱萬会とはという話から壱萬会生の頭の使い方、中学生以降になったらどうやって頭を使っているのか。かなり深く濃い内容を保護者様にお伝えさせていただきました。

平日での開催ですので参加できなかった方もいらっしゃると思います。
立川本部校6階にてDVD受講も承っております。まだご受講できていない方はお気軽にご相談くださいませ。

参加された方の感想文

  • 本日は普段疑問に感じていたノート指導での内容や壱萬会での内容など、まとめてご説明下さりありがとうございました。
    右脳を使えている部分もある子どもですが、親である私が覚えきれずにどういう能力をどういう方法で使っているのかわからなくなってしまう事が多かったので、今回まとめて以前教えて下さった事も合わせて教えていただけたので助かりました。
    今まで子どもの「やっている」という言葉をそのまま受け取り、どの程度やっているのか確認していなかったので今後は具体的に何をどう使ったか確認していきたいと思います。
    現在、高次元読み中に脱線して本を読み出してしまうこともあるので、高次元読み中は高次元読みに集中しているかも確認し、親が出来ているか心配になってしまうような要素を消していきたいと思いました。
    今回また色々教えていただいたので家でももう一度整理して私自身きちんと理解したいです。本日はありがとうございました。
    (4年生の保護者様)

  • いつもありがとうございます。壱萬会に入ってからノート指導を聞いていても全くわからず本人が理解していれば大丈夫だろうと思っていました。
    今日の保護者会に参加して言葉しか知らなかったものが色々つながりよかったです。今までノート指導での宿題はすべて本人に任せていましたが、明日からは目訓後に質問してみたいと思います。
    いつも私が子ども達に「〇〇やった?」と聞くと一度しか話していないのに「しつこい」と言われます。まだ言い終わっていないのに「しつこい」と言われることもあり、何で?と思っていましたが、共振共鳴共感の能力を持っているから当たり前なんだとモヤモヤがハッキリしました。言われる前にやってくれたらもっといいのに・・・と思いますが。
    これからもこの能力を使って良い人生を送れたら素晴らしいなと思います。
    (6年生の保護者様)

  • 代表先生、貴重なお話ありがとうございました。
    “金が見える”ということが右脳の集中がどこまで及ぶかということであり、頭の回転も超高速で一瞬でもっていけるということを意味していると基本的なことを一から理解することが出来ました。
    ノート指導を受ける中で、なんとなく理解しているつもりでいましたが、今回の講義を受講して、頭の中が整理出来ました。
    代表先生がホワイトボードに書いて説明して下さったこともなんとなくですがイメージ出来てきました。最後の公式の読み方もマスター出来たように思います。毎朝目訓から始まる課題を集中して進めることが出来るように確認していきたいと思います。
    中学、高校、大学、社会に出てこの先ずっとこの能力を自由自在に使えること、今後が本当に楽しみです。今日はありがとうございました。
    (6年生の保護者様)

  • ノート指導で教えて頂いた内容を復習でき、毎朝チェックしている事と他にチェックが必要なこともわかり、具体的な声掛けの仕方も教えて頂いたので、明日が楽しみになりました。
    最近子どもに強く言ってしまう事が増えたので、自制しないといけないと思っていたのですが、今日お話しを伺って「子どもの考えることはそんなもの」「親は信じて疑わない」「右脳の訓練中に左脳は介入しない」というのは心にズキューンと刺さりました。子どもを信じて支える一番の理解者になるべく自身の考えや感情を改めなければならないと感じました。
    「今は大事に育てていかなければいけない」とおっしゃった言葉を忘れずに日々過ごしたいと思います。
    (3年生の保護者様)