2017年9月7日:「0-3歳保護者セミナー」を開催しました

IMG_1649

2017年9月7日(木)に0‐3歳保護者セミナーを開催致しました。

幼児クラスに通って下さっている親御様が多数参加して下さいました。

2時間のセミナーでは、幼児期の脳の発達についてや、3歳までに作られる

脳の一周回路についてのお話をさせていただきました。

HEGLの授業で行われている、高速・大量・大音量の大切さを知っていただけたと思います。

さらに、2歳、3歳の発達段階においての特徴と躾についても

ご説明させていただきました。

幼児の基礎概念10項目の取り組み方と進め方を、

実際に使用する教材と共にご説明させて頂きました。

日々の取り組みの意味がわかればさらに成果を出す事が出来ます。

効果がわかればよりやる気につながります。

幼児のお子様をお持ちの親御様に是非、受講していただきたい講座です。

次回のご参加をスタッフ一同お待ちしております。

IMG_1682

感想文

・今、何をしてあげるべきかがわからない状況でしたが、

この時期がどんな時期なのか…その時何をしてあげると効果的なのか

とてもわかりやすく学ぶことができました。

一つ一つ段階をふみながら、成長を楽しみつつ一緒に取り込んでいけたらと思います。

ありがとうございました。

(1歳男児のお母さま)


・本日は大変貴重なお話をありがとうございました。

0歳から3歳までが1番大切、大事と言う理由が分かりました。

0歳から3歳までは、自分の力で脳の能力を高めていくことはできないので、

私達が少しでも子どもの脳の活性になるよう訓練をし、

可能性を伸ばしてあげたいと思います。

“勉強で教えるのではなく、日常の中で教える!!”

常に頭、心にこの言葉を置き、息子と向き合って行きたいと思います。

本日はありがとうございました。

(1歳男児のお母さま)


・もうすぐ3歳で始めたヘーグルですが、親がやってあげさえすれば

子どもは伸びていくのは分かりました。

問題は私がなかなかやってあげられない事でしたが、

本セミナーを通してやはり脳の成長や時間は待ってくれないので、

今の大切な時期に色々してあげなければと思いました。

(いつもそう思っていながら出来ていません…)

本当に全く一緒に居られない夫にも話してもう少し今日の事を取り入れてもらおうと思います。

語りかけ育児は夫も早いうちから協力してくれていたので、

夫婦で足並みそろえて行ける様にしたいと思います。

(3歳女児のお母さま)


・年齢別の脳の発達、臨界期についてお話をうかがえて、

今の子どもの状況がイメージできました。

FCを見せる時や他の取り組みについて、より子どもに合った取り組みができそうです。

ドット、ヌマー、FC、点描写、パズル、記憶、ESP、イメージ等々、

普段の授業で見てはいても、家でどのように取り組むのか、

何となく漠然と行っておりました。

一つ一つの取り組みの意味や方法をくわしくうかがえて、

今日からより良い取り組みができそうです。

私はHEGLのセミナーに参加させていただくのは2回目なのですが、

お話して下さる先生方や会場にいらっしゃる先生方の熱心さや優しさに触れ、

教育、育児に関して「サポートしていただいている」という

感謝の気持ちでいっぱいです。

先生方のお陰様で、2人の子どもを育てられます。

本日は、貴重なお話を拝聴させていただき、ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いいたします。

(3歳女児のお母さま)

合体

関連記事

ページ上部へ戻る