2018年5月10日:「小学部保護者セミナー」を開催しました

IMG_7250

5月10日(木)に小学部保護者セミナーを開催いたしました。

小学部にご通室いただいている保護者様はもちろん、

今後の成長を見越して先に情報収集に余念のないお母様にもご参加いただきました。

当日参加の方も多くいらっしゃり熱気あるセミナーが開催されました。

今回は小学部のテキストを一緒に目を通していきました。

中でもパズルの取り組みでは、実際に保護者の方に、

授業と同じタイムで体験して頂きました。

皆様一様に驚きの表情をうかべていました。

「あまりの高速に驚きました。」

「実践してみたら子どものすごさにびっくりです。」などの声も・・・。

IMG_7252のコピー

何よりも大切なことは、大人が子どものことを認めてあげること、そして信じてあげることです。

今回のように子どもたちが取り組んでいることを自身でも体験してみることや、

成長のストーリーを知識として知って頂くだけでも、お子様に対する見方が変わり、理解が深まります。

なによりそこから成果の出方も大きく変わっていきます!

子どもたちそれぞれが胸に秘めた思い、夢を現実のものとし、

充実した幸せな日々を過ごしてほしいというのが我が子に対する親御様の思いではないでしょうか。

過程は様々あると思います。

しかし、通過点がゴールではないのです。

目前のことにとらわれてしまうと見失いがちになりますが、

そんな時こそ一歩立ち止まって、この原点を思い出してみてください。

当日参加できなかった親御様には、DVD受講をご案内しております。

6Fカウンターでご予約、御視聴のお手続きを受け付けておりますので、ぜひご覧になってください。

IMG_7267

感想文

・冒頭の代表先生のお話から、ヘーグルは本当に子どものことを思っているのだなと感じました。

右脳が実際に使えるようになっても、小学生だけでなく、一生使えるしっかりした右脳の力を作るんだ。

という熱いお話にとても心が動かされました。

(小学6年生・4年生・1年生のお子様のお母様)


・日々の取り組みをこなすことに心を持って行かれることが多く、

子どもへの接し方も少しきつくなっていた自分自身を、とても反省させられた2時間のセミナーでした。

家庭での取り組みや、右脳を開くための10か条。

今日からすぐにでもやれることはもちろんですが、まずは今の子どもの心の中を良く見て、

良く感じて、心の声を聞き、信じてあげようと思います。

プラスの暗示で、親子共に楽しい気持ちで日々取り組みたいと思います。

(小学1年生のお子様のお母様)


・パズルを行ってみて、毎回この取り組みをしている大変さを感じました。

やるのが当たり前になっていましたが、「毎回よく頑張っているね」と

声をかけてあげたいと思いました。

(小学5年生のお子様のお母様)


・今日の講座を聞いて、親が良い環境を整えてあげられるかが大事だなと思いました。

親の声掛けも、意識も、取り組みもとにかく半分を占めているように思えたので、

生活全体をもう一度見直していきたいです。

今日も素晴らしい講座をありがとうございました。

(小学5年生のお子様のお母様)

関連記事

ページ上部へ戻る