2018年5月21日~24日 代表・理事長がインドネシア・プリ校を訪問!

2018年5月21日~24日の間、代表・理事長はインドネシア・プリ校を訪問しました。
2年前にプリ校は開校しましたが、今回が初めての訪問となりました。

インドネシアのご父母様方は、へーグル教育に対して非常に熱心な方々ばかりでした。
そんな中で、スリャント室長をはじめ講師およびスタッフが一致団結して教室運営にあたっています。
訪問と同時にスタッフ全員での歓迎を受け、そのあと開校式典でのリボンカット、そして開校のあいさつやテレビのインタビュー取材も受けました。

午後は、代表・理事長の前で幼児部、プレ小学部のデモ授業が行われました。

夜は、大きな会場に移り約100名の方々が集まり、記念講演会や子どもたちや親御様方が成果発表や踊りを披露しました。

今回の講演を聞いたお父様、お母様方は、いかにへーグル教育が子どもたちに有用であるかを再認識し、さらに教育熱が高まりました。

翌日は、講師およびスタッフ全員に対しての特別研修を行いました。
とても厳しい研修でしたが、スタッフはへーグル教育の根幹を再度学び、意を新たに「新生インドネシアへーグル」として新たな出発を決意しました。

これから、インドネシアからもたくさんの壱萬会生が誕生することでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る