中国北京到着

今回はHEGL代表・理事長の中国への出張です。
6月26日(水)の午後のフライトで日本を発ち、中国北京に到着しました!
約2週間にわたる出張の様子を、紹介していきます!

まず最初に向かったのは天津校です。
北京から天津へ移動し、現地の講師の研修を行いました。
まずは実際の授業を、幼児部とプレ年中クラスをそれぞれ1つずつ見学しました。
そして、代表による保護者へのレクチャー、講師への現場指導を行いました。
指導を終え、また北京へととんぼ返りをしました。

北京ソラーナ校・シャインヒル校 合同講師研修

北京シャインヒル校を訪れ、天津校同様、現場の授業見学、指導を行いました。
シャインヒル校は北京では第二校目となる教室です。

今回の現場研修は、第一校舎の北京ソラーナ校の先生たちも合同の研修となりました。

北京シャインヒル校開校式典/北京校開校3周年記念講演会

6月29日(土)は昨日に引き続き、シャインヒル校を訪れ、開校式典が催されました。

代表・理事長による祝辞から始まり、テープカットや、ライオンダンスといった恒例の儀を行い、無事に北京の第二校舎目の開校式典を終えることが出来ました。

式典後には書籍へのサイン会や、記念撮影等を行い、午後の3周年記念セレモニーの会場へと向け、教室を後にしました。

別会場の講演ホールに到着し、北京でHEGL教育がスタートして3周年記念の特別講演会が催されました。
先生や生徒たちによる、様々なパフォーマンスに会場もとても盛り上がっていました。

そして、代表による講演が始まると、参加していたお父さん、お母さんは、真剣に耳を傾け、これからの我が子の大きな成長への期待に胸を膨らませている様子でした。

天津校開校4周年記念

6月30日(日)は天津にて4周年記念特別講演会が開催されました。
BANYAN TREEというホテルが講演会場でした。
前半は天津校の先生や子ども達によるパフォーマンスでした。
北京とはまた違った、天津のカラーが出ているとても楽しく、見ごたえのあるものでした!!

代表による講演会では、パワーポイントを使いながらこれからの天津の子ども達が歩んでいく成長の道をお話しました。

幼児部、プレ小学部に通うことで、大きな成果を感じている天津の保護者の方々は、我が子の能力開発の行く先が、今以上に大きな力となっていくことをとても楽しみにしている様子でした。
天津の先生も、期待以上の成果を出してくれるでしょう!!

西安視察

7月1日(土)のフライトで天津から西安に向かいました。
西安とは昔の中国の首都だった都市です。
現在の首都である北京や、中国を代表する大都市である上海とは全く雰囲気の違う場所でした。
そして、西安と言えば世界遺産の秦始皇帝陵の兵馬俑です。

現在でもまだ調査は続いているそうですが、そのうちの1つの陵墓を見て回るだけでも、1時間以上の時間がかかりました。大きいとは聞いていましたが、まさかここまで巨大だとは…。
改めて中国の歴史、パワーの源というものを肌で感じました。

上海長寧校講師研修

西安の視察を終え、今回の出張の最後の訪問地である上海へと到着しました。
上海はHEGL中国が最初にスタートした地でもあります。
今回は長寧校と丁香校に訪問し、上海チームの合同講師研修を行いました。

上海での研修1日目は長寧校にて幼児部、プレ小学部の授業見学をしました。
本部校でベースをきっちりと作って、かつ、キャリアを積んだ先生の授業は、さすがと言ったものです。

上海丁香校講師研修

翌日には上海の丁香校にて講師研修を行いました。
同じ上海でも、また長寧校とは違う個性的な授業でした。
幼児部の授業は時間が過ぎるのを忘れてしまうような、とても楽しい授業でした!!

また、プレ小学部となると、ガラッと空気がかわり、子どもの自律心をしっかりと引き出し、心の成長も促すことの出来る、まさにHEGLのプレ小学部の授業でした。

授業後には代表による特別レクチャーを行いました。
5年という上海でのHEGLの歴史の中で、様々な点において確かな成果を感じているという声を沢山いただきました。

本当に中国のお母さんはパワフルで、日本のお母さんに負けないくらい熱心ですね。
「更に右脳を伸ばすためにはどうしたらよいですか?」「日本の子のような成果を出すためには、家庭で親として何ができますか?」など、次から次へと質問がありました。

保護者の方へのレクチャーの後に、講師への授業のフィードバックを含めた、研修のスタートです。
実際に授業を行った先生は勿論のこと、全てのスタッフが真剣に代表によるレクチャーを聞き、必死に自分のノートにメモを取り、1つでも多くのものを吸収しようとしていました。

指導の内容も、必然とより高度なもので、深い部分に触れていくものになりました。
HEGLの先生は必ず日本での研修にてライセンスを取得しないと講師として生徒の前で授業をすることが出来ません。

それは、2人の講師による、高速の授業をしなければ右脳開発にならないからです。
そのことをきちんと理解し、忠実に行っているからこそ、成果へと繋がるHEGLの授業となっています。
今回の経験を糧に、中国の子ども達に更に素晴らしい授業を提供してくれることでしょう。
今後の上海チームの活躍を、本部校としてもとても楽しみにしています!!

上海校5周年記念

パートナーの経営しているインターナショナルスクールSCISの講演会場にて、5周年記念式典が催されました!
生徒による成果発表や、親御様による我が子の成長の成果発表など、先生だけでなく、子ども・保護者の方とともに作りあげられた式典となりました。

幼児クラスの生徒達のほっこりとするような発表もあれば、「この年齢で、こんなことを!?」と思わず声が出てしまいそうな凄い成果の披露など、内容は本当に盛りだくさんで、5年の歴史がぎゅっと凝縮された1日でした。
成果発表をされたお父様の言葉からも、記憶力や集中力をはじめとした、素地力が身についている
事への安定感が伺えました。

スタートからこれまでの5年間というのは一つの節目であり、ここからは第二ステージの幕開け、そういった意味での新生HEGL上海の出発の年、飛躍の年だと、現地のオーナーをはじめ先生も親御様も確信しており、代表・理事長による講演会を真剣なまなざしで聞き入っている姿が印象的でした。

上海虹口ライフ ハブ校開校式典

最終日、上海の虹口校の開校式典が行われました。
虹口校は上海の第一校舎目、つまりHEGL中国の第一校舎目がスタートした地です。
今回上海の第4校舎目として新たなモールにて開校をすることとなりました。

現地のオーナーは、新たな教室でも、今まで以上に大きな成果が子ども達たちから引き出される教室となることを固く誓ってくれました。

会談を済ませ、7月7日(日)の夕方のフライトにて、日本へと無事帰国をしました。

世界各国で活躍してくれているHEGLの先生たち。
本当に頼もしいです。
彼ら以上に熱いハートとパワーを持って、我々立川本部校もスタッフ一同頑張ります!!