2019年12月22日:「第8回父親セミナー」を開催しました

2019年12月22日(日)に、第8回父親セミナーが開催されました

10月に予定されていましたが、大型台風接近のため延期となり、本日の開催となりました。

今回は「父親として子どもに伝えたい5つのこと~子どもとのよいコミュニケーション確立のコツ~」をテーマに受験期を乗り切るポイント、新しい教育の潮流等盛りだくさんの内容となりました。参加できなかった親御様は是非DVD受講をおすすめします。

実際に起こった事件の例をもとにした教育虐待の実情や、ノーベル賞受賞者は東京の高校出身者が少ないのはなぜか、日本が世界の中で遅れ始めているという危機感を感じさせる内容となっております。そして教育の新しい潮流ということで、世界最難関の大学、これから伸びるであろう新しい大学の話しなど、未来に目を向けられる内容となっております。
また、人工知能に勝る人材になるため3つの力をはじめ、ほかにも勉強になるお話しが沢山ございます。是非講座をご覧になってみて下さい。

ご参加を頂いた方からの感想文を一部紹介いたします。

参加者の感想

  • 今日も貴重なお話をありがとうございました。子どもの教育のためと思って通わせていたHEGLが、今や子どもだけでなく親のためにもなっていて大変ありがたく思っています。理事長先生の子どもたちへの想い、日本のことを考えて熱いトークをする姿にハッとさせられました。私も1人の親として子どもの能力が伸びるよう、妻と関わっていきたいと思います。最後の生徒さん方のインタビュー動画が何よりの証拠ですね!!HEGLの取り組みを今まで以上に子どもの脳力が上手く伸びるよう、努めて参ります、ありがとうございました。
    (8歳のお子様のお父様)

  • 子どもと向き合う姿勢について、再度見直す良いきっかけとなりました。
    HEGLに通う楽しそうな子どもの表情を忘れず、いつでも子どもの味方でいられるような親でありたいと強く想いました。
    とにかく子どもと笑って楽しく生活できることに感謝して、日々を過ごしたいと思います。講義内容は非常に興味深く、メモを取っても取り切れないくらいの濃さがあり、参加してよかったと心から感じました。
    (6歳のお子様のお父様)

  • 子どもが話していることを疲れていて面倒くさがって適当に聞いてしまう、聞いていなアピールをしてしまうことが今までたまにあり、そうしたら話しかけてこないなと思って。本日の話を聞いて、もっときちんと聞いてあげなくては、「自分がしっかり聞いていないから、子どももそれを真似して授業中聞いていなかったりするのだ」、「子どもを直す前に、自分が変わらなくては」と思いました。父親セミナーに一人で来ましたが、来るのを迷っていましたが、本当に来てよかったと思ました。
    (3歳のお子様のお母様)

  • 本日は子どもの教育について考える良い機会を頂き、ありがとうございました。子どもとの接し方で成長の仕方の影響があり、気持ちを汲み取ることの大切さを認識しました。
    「世界で活躍する子」とまで考えておりましたが、こちらで学んでいる子どもたちの成果、言葉を見て感じ、ますます日々の接し方について考えるとともに、子どもの幸せを考えていきます。
    (3歳のお子様のお父様)

  • HEGLがどういう教育を目指しているのかが、とてもクリアに理解できました。今までは、妻に任せっきりでしたが、自分にもできること、やらなければならないことが見えて来ました。
    自分の人生を振り返ってみると、私の親は「勉強しろ」とは言わない親で、自分の興味のあることをやらせてくれていた気がします。教育についてあまり考えたことがなかったので、今日はとても良い時間となりました。
    (1歳お子様のお父様)

  • 今からやらなければいけないことがたくさんあるように感じて、少し焦りました。子どもの成長は待ってくれないので、できることは直ぐにやっていこうと思います。季節がら、クリスマスプレゼントは何が良いか悩み、親が期待したいものを与えがちになりそうですが、子どもの興味を深化できるようにおもちゃを取り上げるのではなく、様々な事柄に繋げられるものにしたいと思いました。
    (6歳、3歳お子様お父様)

  • 日々、「これでいいのか」と自問自答しながら子育てをしている中で、このような講義を受講できることは、とても有意義でありがたいと感じております。先生のお話しにもありましたが、常に「子どもが本当に望んでいることは何なのか?」と見極めることができるように、HEGLで学んだことを道しるべに子育てをすて行きたいと思いました。今後もどうそ宜しくお願い致します。
    (5歳お子様お母様)