2019年12月26日~12月29日:「第67回PAD潜在能力開発初級講座ベーシックコース」を開催しました

2019年12月26日(木)~12月29日(日)の4日間にかけて、第67回PAD潜在能力開発初級講座ベーシックコースが開催されました

年長の子達から大人の方まで多くの方が参加し、潜在能力開発に挑戦しました。

PAD潜在能力開発初級講座ベーシックコースには大きくわけて講義と実践の時間があります。
講義の時間では右脳を使うこと、使えるようにするにはどうするのかといったお話をしました。年長の生徒さんには難しい内容と感じるかもしれませんが、集中できるように、理事長がわかりやすく説明をし、そして何より楽しみながら学ぶことのできる内容となっております。皆さん熱心にノートを取りながら聞き入っていました。年長の生徒もページいっぱいにしっかりと、必死になりながらノートを取っていました。

実践の内容は右脳を開く感覚を体験できます。目訓や速読訓練、瞬間記憶といったプログラムもあり、それらは勉強というよりも楽しみながら右脳を活性化させることができるのが特徴です。

 

このPAD潜在能力開発初級講座ベーシックコースは年3回開催しております。次回の講座は3月23日(月)~3月25日(木)となっております。皆様のご参加をお待ちしております。

参加者の感想文

  • 記憶力は圧倒的に伸びました。ここまで憶えられるとは正直驚きです。
    純粋な子どもたちと一緒に4日間過ごすことが出来たのがすごくよかったです。大人だけではここまで素直に入り込めなかったように思います。今の気持ちを日々の生活の中に持ち込んで、毎日をさらに有意義にしたいと思います。
    (幼児部生徒のお父様)

  • 残像の時に光を見ているとき、変な青いものがみえて、それが光にかぶって目をつぶるときに中が黄色で外がピンクでその周りが黒でした。途中で黒が中に飛び込んできて怖かったです。目訓もいっぱい色が見えるようになりました。
    (小2女子)

  • PAD初級講座を受講した感想は、本当に楽しかったです。
    体力がない方なので少し心配していましたが、4日間終了して全く疲れていません。驚きです。特に潜在能力記憶訓練がとても楽しくてたくさん憶えられてびっくりです。本当に子どものころに自分が受講したかったです。
    子どもたちがしっかりノートを取る姿は頼もしかったです。代表先生、理事長先生が子どもたちの疑問にしっかり向き合って下さる姿に感動しました。
    (受講生お母様)