2014年1月30日:「第二弾新年度Pre-MEP説明会」を開催しました

101月30日(木)に第二弾となる新年度Pre-MEP説明会を開催いたしました!

幼児期を終え、小学生という新しいステップを踏み出そうとするときに重要なのが小学校1・2年生の時期です。この時期に脳の基盤を作っておくことによってその後の学習に大きな影響を及ぼします。その基盤を築いていくのがPre-MEPⅠ・Ⅱです。今回はPre-MEPの特長でもある「気付かせる」ことを中心にお話しさせて頂きました。前半は理事長による小学1年生~小学6年生(Pre-MEPⅠ~マンスリーMEPエクセレンスコース)までの流れや各年齢で押さえておきたい国語の学習ポイントを、後半は代表による算数における勉強の五本柱という新しい角度からのお話をさせて頂きました。その五本柱とは

02①  「教える」より「気付かせる」

②  「真の基礎」を指導する

③  ピンポイント重要指導

④  理解できる能力の育成

⑤  難しい問題を悩むことが好きになる

です。

 

ただ多くのテキストをこなし、量で経験を積むのではなく、一つの課題を深く掘り下げることで、より理解力を深め様々な問題に対する感性を育てるのがPre-MEPの魅力です。小学校低学年のうちに教科そのものの楽しさを知り、自ら学習する意欲と探求心を育てることによって、難しい問題に直面したときでも最後まで考え抜く真の基礎が出来上がるのです。

今回の説明会もDVDをご用意しておりますので、4月からのPre-MEPをすでにお申し込みされた方も、そうでない方も、是非ご覧になって頂ければと思います!

03

関連記事

ページ上部へ戻る