2013年4月11日:「4~6歳児保護者セミナー」を開催しました

030411hogosya_no1

4月11日(木)に4~6歳児保護者セミナーを開催しました。今回は、子育の中で、もっとも大切な時期となる「4~6歳児のお子様の秘められた能力」というテーマで代表がお話をしました。

能力を伸ばすための「キーポイント」をわかりやすくレクチャーして頂きました。親御様の方々にとって子育ての重要性と大切な時期の再認識が出来た内容だったと思います。「子育ての真髄とは?」「能力を伸ばすしつけの方法とは?」など、わかりやすく解説されております。また、4.5歳のお子様の右脳・左脳・心のバランスを保ちながら、お子様との関係をより良いものにしていく方法など、授業では聞くことのできない内容なだけに、大盛況となりました。
4歳では個性が芽生え、5歳ではお子様の能力を大きく伸ばす、6歳では自分らしさを成長させる。幼児の発達段階に合わせ、親御様と一緒に日々取り組みしていくことが重要となってきます。記憶の回路をつくることによって、お子様の無限の可能性を引き出せるのです。

030411hogosya_no2

今回、お母様のご参加が多くみられましたが、是非お父様にも受講していただき、お二人で楽しく教育やしつけを考えていくのもいいと思います。そして、お子様の眠っている潜在能力を存分に引き出してあげて下さい。ヘーグルは、親御様とお子様に向き合い一緒に考え、全力でバックアップしていきたいと思います。

 

当日参加できなかった親御様は、DVD受講をご案内しております。

6Fカウンターでご予約、御視聴のお手続きを行ってください。どなたでもご受講していただけます。
本日も沢山の方にご参加いただきました。誠にありがとうございました。

 

030411hogosya_no3感想文

◆まだ3歳の息子ですが、これからの心構えとして参加させていただきました。4歳時の核のお話を教えていただき、本当に良かったと思います。十分気をつけたいと思いました。そして、思いが環境になるようという事を聞いて安心した部分がありました。しつけと能力を分ける事は、とても大切だと思いました。代表がおっしゃっていただいたように「この子は更に高まるんだ」という根拠のない確認を持っていたいと思います。ありがとうございました。

 

◆今日も大変良いお話をありがとうございます。4歳からの子供との接し方に悩むことが多々ありましたが、個性のかたまりなんだと思うことができたら、少しは楽になれるような気がします。感性の豊かなうちに本物にふれさせることの大切さがいかに大事なのか、よい環境作りとまだまだ出来てないこともありましが、子供の為に私自身が頑張っていきたいと思いました。

 

◆論理的に理解していない事も多かったのですが少し分かったような気がします。また、将来像をはっきり説明して頂けたので何のために今これをやっているかということが理解できたと思います。子供がイライラしている様子を振り返るとイメージの中で自分がスーパーマンだと思っていたのかと頷かされる話もあり非常にためになりました。つい、子供をしかってしまう事もあり、その結果能力が小ぢんまりとしてしまうのだなと反省することも多々ありました。子育てはいつも夫婦で悩んでしまうこともあり、このようなセミナーが定期的にあると自分への励みになって嬉しいです。

関連記事

ページ上部へ戻る