2014年2月16日:「親と子の共育大学集中講座第1弾」を開催しました

01

 子育ての“核”となる基本的な考え方をお話させていただく「親と子の共育大学」。全14回からなるこの講座ですが、本日は第1弾として、第1講座「ヘーグル教育の基本理念」、第2講座「子どもの健康を守るための必須条件Ⅰ」、第3講座「子どもの健康を守るための必須条件Ⅱ」を開催いたしました。

一昨日降った雪がまだ残る足元の悪い中、教育熱心なお父様・お母様にお集まりいただきました。

02 第1講座では、ヘーグル教育の根幹や意義についてお話させて頂きました。ヘーグルのプログラムは、強い刺激を何度も継続して与えることで子どもたちの脳を育てていきます。その根拠を、様々な科学的統計を交えつつ説明いたしました。参加されたお父様・お母様は皆様一様にうなずきながら、熱心にメモを取り、耳を傾けていらっしゃいました。

 第2講座では、子どもたちの“心”“体”“脳”を作るために欠かせない食、その中でも“水”についてお話をさせていただきました。

03 第3講座も、引き続き食についてお話させて頂きました。私たちの身の回りには、食品添加物が入った食べ物が溢れています。食品添加物が心・体・脳に及ぼす影響についてお話すると共に、口に入れる物をどう取捨選択すればよいのかについても、お伝えいたしました。

 今回の講座はDVDでもご受講いただけます。6Fカウンターにてご予約、ご視聴を承っております。お子様がヘーグルに通室されていなくても、お子様をお持ちの親御様ならどなた様でもご受講いただけますので、お気軽にお問い合わせください。
 04

 また、3月16日(日)には「親と子の共育大学第2弾」を開講いたします。一部講座は内容を一新してお届けいたします。本講座はDVD受講も大変込み合う人気の講座ですので、お早目にお申込みください。定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

 

今回参加された方の感想文をいくつか記載させて頂きます。

 

05【第1講座】

・ヘーグルに去年の6月から通い始めました。入室する前から、ヘーグルについて説明をいろいろと伺って、納得して通い続けていましたが、日常の生活で、早期教育について周囲に言われると悩みはじめていました。本日の講座を伺い、やはりヘーグルに通っていて間違いないと確信しました。ありがとうございます。今後とも、よろしくお願いいたします。(お母様)

・本当の意味で右脳の開発の必要性が理解できていなかったのですが(まだまだ理解の必要があると思いますが)、“右脳=心”というのがとても心に響きました。見えない部分だからこそ、しっかり丁寧にやっていこうと思いました。(お父様)

・冒頭の電磁波のお話から知らなかったことばかりで、無知は怖いことだと改めて感じました。科学的実験結果を教えて頂きながら、右脳教育について半信半疑だったことが少しずつ理解でき、ヘーグルに出会えて良かったと安心しました。また、6才の長女が最近長所が活かせていない、自分の力を出し切れていないと難しく感じていたのですが、全ては私の関わり方が悪かった事に反省する時間となりました。耳が痛かったです。メンタルバリアを薄くできるよう、まずはプラスの言葉がけと愛情をたくさんかけるよう、心がけたいとおもいます。(お母様)

 

子どもたちは、本を読んだり、取り組みをしたりしながら、静かに待っていました。

子どもたちは、本を読んだり、取り組みをしたりしながら、静かに待っていました。

【第2講座】

・第2講座「子供の健康を守るための必須条件Ⅰ」を久々に受講しました。食の問題について自分では毎日の食事について“これでもか!!”というくらい気をつけていました。しかし、今日のお話を聴いて、根本が勉強不足であることに気付かされました。本当に参加してよかったです。ありがとうございました。(お母様)

・食事や水、心持ちで環境が変わるという話、大変勉強になりました。以前にも、似たような話を伺っていましたが、忘れていました。やはり、講座は定期的に受けることによって思い出したり、再認識して日常に取り入れるきっかけになると思いました。今日だけではなく、次回も受けようと思います。ありがとうございました。(お母様)

 

【第3講座】

・今まで知育にしか興味がなく、祖母にも「食育はどうなっているの?」と叱られていたほどですが、今日の講座で目が覚めました。母親らしく家族の健康を守れるよう頑張りたいと思います。(お母様)

・私がヘーグルを選んだ理由については、将来的に塾や家庭教師を付けてやるほどの事が出来ないであろうから、とにかく“集中力”を付けさせておいてやれば、後は本人次第でどうとでもなるんじゃないかといったものでしたが、本日のお話を聞かせていただいて良い意味での裏切られっぱなしでした。潜在意識も食の問題も興味はあったのですが、何だが根っこの部分がつながったというか“ふにおちた”という気になりました。ありがとうございました。(お父様)

関連記事

ページ上部へ戻る