2014年8月23・24日:「第19回PAD潜在能力開発高速学習マスター講座記憶実践コース」を開催しました

1

第19回PAD潜在能力開発高速学習マスター講座記憶実践コースが8月23~24日の2日間で開催されました。この講座はこれまでに鍛え上げてきた右脳を実際に目に見える勉強へと繋げていくためのものです。簡単に言うと右脳を使った学習方法を確立する講座です。

2

3朝9時30分から夜6時30分までの講座です。取り組みを始める前に一人ひとりが代表と面談をして目標設定をしていきます。教室内では生徒はもちろん、スタッフも一切声を出さないというルールもありますが、話をする雰囲気は全くありません。その場にいる参加者全員が整った環境で自分の限界に挑戦することで、程よい緊張感がうまれ、充実した学習の仕方を習得していきます。

 

 

 

4今回の講座には小学2年生から大学受験生まで参加しましたが、全員が充実した学習を行うことができました。右脳を使ったレベルが人によって違いますが、今回でかなりのステージをあげた生徒が続出しました。特に高3生で、信じられない右脳の力を全員の生徒が使えるようになったことは驚きです。この講座を受講することで、単純に1日集中して学習が捗ったという単発的な成果だけでなく、この場にいることで右脳を使った勉強のステージが1日いるだけで数段変わってくることです。

 

 

 

5

10月には1Day PADが開催されます。スタッフ一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

参加された方の感想をご紹介いたします。

 

■中級講座から1週間右脳尽くしの日々でした。自分の中でとても良い意味でのターニングポイントになりました。ここでつかんだ右脳の使い方、感覚をさらにパワーアップさせ、受験で終わらせることなく継続させたいです。(大学受験生)

■周りには大学受験生もいっぱいいて、ついていけるか心配でしたが、やってよかったと思いました。2日間来て良かったです。 (小学5年生)

■本当に記憶できるか心配でした。でも、先生がやり方を教えてくれて、スラスラと頭に入ってきて、思ったよりも速く進み、とても楽しくなりました。(小学5年生)

■理科と漢字の両方がスラスラとものすごい速さで解けたけど、全然疲れなかったのでびっくりしました。とっても楽しかったです。(小学2年生)

6

関連記事

ページ上部へ戻る