2014年10月16日:「0~3歳児保護者セミナー」を開催しました

1

10月16日(木)に0~3歳児保護者セミナーを開催しました。

今回は、0~3歳児の時期に『どのような取り組みをし、お子様とどのように関わればよいか』というテーマで代表・内木先生がお話をしました。

2

 

まず、幼児10の基礎概念などの事を知っているだけでも子どもの見方や接し方が変わってきます。取り組みが授業のどの取り組みにあてはまり、ご家庭での取り組み方など具体的にお話させて頂きました。ほかにも質の良い脳をつくる10項目・算数・国語の基本的頭のつくり方をお話させて頂きました。

 

 

 

 

中でも、0~3歳で今一番意識して頂きたいのは、メンタルバリアのない時期である事。見たもの、学んだ物・事は潜在意識へどんどんと入っていく時期であることです。

理解は後で良いのです。この頃にどんどん入れていく、小さい頃にどれだけ入れたかで成長が変わってきます。

また、日々の取り組みに関してはフラッシュカード・ドット棒・ドッツをはじめ、いろいろな教材の使い方や効果などお話させて頂きました。取組みの意味がわかれば、さらに成果を出すことができます。効果がわかれば、よりやる気につながります。ほんの小さな工夫がお子様を大きく伸ばすことが出来る!ということを実感できる講義でした。

3collage

 

 

 

 

 

 

4collage

 

 

 

 

 

 

5

 

今回のセミナーも内部生のお母様方は特別にDVD受講が出来ます。6F受付にて受講のご用意をしておりますので、ぜひこの機会にDVDをご覧頂ければと思います。

 

 

 

 

また、今回のセミナーは0~3歳児保護者セミナーとなっていますが、4歳児以上の幼児のお子様がいらっしゃる方が聞いても十分に勉強になる内容となっておりますので、お子様の為にもぜひ時間を見付けて、DVD受講してください。

関連記事

ページ上部へ戻る