2015年2月12日:「4~6歳児保護者セミナー」を開催しました

2015年2月12日、プレ年中・年長4~6歳保護者セミナーを開催いたしました。
セミナー序章として、まず初めに、OB・OGの映像をご覧頂き、そのOB・OGの方々がどのような幼少期を過ごされていたのか、今現在に至るまでの成長過程をお話しました。
セミナー前半は、4~6歳の時期にやるべきこと8項目をお話しさせて頂き、後半は、右脳を開くために4~6歳の時期のポイントをお話ししております。

 

 ~天才と言われるまで~

周りから❝天才❞と言われるヘーグルの卒業生でもあり、今現在も通室しているOB・OGはどのような頭をしているのか、どのような幼少期だったのか…皆様も気になるところだと思います。

今回は、セミナー序盤にそのOB・OGの方々の映像をご覧いただき、その方々の幼少期の頃から今現在の活躍など、その成長を見守り続けてきた代表からお話しいたしました。

天才を育てるためには、右脳にヒントがあります。その右脳を活性するだけでなく、勉強やスポーツ、芸術など実生活で使えるというところまで教育で持っていくのがヘーグルなのです。

そのヘーグル教育に沿って、親子共々楽しんで総合的にやった証として、❝天才❞と言われる今があるのです。

~4~6歳の時期にこれだけは押さえたい8つのポイント~

4~6歳の時期に押さえる8つのポイントは、右脳・左脳・心・体の分野で構成されています。
右脳の分野においては、『下手な心配をするより、右脳を開くこと』という言葉に尽きます。

右脳を開き、実生活で使えるようになると、次元を超えた人としての幅ができます。

その無限の幅の中で、どこでどのように生きるかということを本人が決め、その自分の幅を理解することが大切なのです。この右脳の開き方については、後半に詳しくお話ししています。

左脳の分野においては、4~6歳の頃の取り組みとして悩みがちな『本を読むこと』、『字を書くこと』『算数の基礎について』の教え方をお話しいたしました。日頃の取り組みの参考になる内容となっていますので、ご家庭で何をしたら良いのかわからない!教材の使い方を知りたい方は必見です。

心と体の分野においては、自尊心が高い子に育てるということが重要です。
自尊心を高い子ども、自立・自律ができる子どもは、親御様の言葉がけがポイントです。

今日からすぐに実行できる簡単な内容ですので、是非、これを機に皆様に習得していただきたいと思います。
また、自然に触れさせることの大切さ、しつけのポイントもお話ししています。

~右脳を開くために~

お子様の右脳を開くためには、0歳から小学生までの共通したポイントがあります。今回は、そのポイントをわかりやすく10の項目にまとめてお話しさせて頂きました。

その中の1項目の中に、自分の好きなことをとことんやるというやる気のマグマのお話があります。好きなことを見つけ、それに没頭し続けられるという子ども自身の精神力や集中力、その環境を整える親御様のサポートが重要です。このように、右脳を開くためには、親子での共同作業が大切です。

お子様は授業に楽しく参加し、親御様はその子どもを信じること…右脳が開くことを楽しみに親子共々頑張っていきましょう!ヘーグルは全力でサポート・応援します!

~当日参加された方の声~

■貴重なお話をありがとうございました。最近セミナーに参加出来ていなかったので、忘れかけていたことも多く、再認識することが出来ました。今の時期にやらなくてはならないこと、やっておいた方が良いことを整理して教えて下さり、とても良かったです。やはり、毎日の1つ1つのことが大切で、今の時期、自分の子どもへの接し方次第で将来が大きく変わることがわかりました。そのことをしっかりと心に留めて、子どもと接していきたいと思いました。

■本日はありがとうございました。自身の子どもへのメッセージや姿勢がどうかな?と見直す時間になりました。仕事で子どもとの取り組みが十分でないことを常に頭の片隅にある状況で、いつの間にか子どもの自尊心を大切に出来ていたか、傷つけていないか…はっとしました。子どもへだけでなく、日々頑張っている自分へもハナマルをあげるよう努めていこうと思います。日々の取り組みのポイントは何度も聞いている内容ですが、定期的に聞くことで定着し、また、その時により響く言葉も違い、仕事を休んででも出席して良かったです。

■改めて、右脳を開く大切さを感じました。日々、家事と育児と勉強で焦ってイライラしてしまうという悪循環に陥りがちですが、やはり楽しく遊びの延長で取り組みをしたいと思いました。また、私自身が自尊心が低いと思いましたが、プラスの言葉がけを心掛けたいです。親子共々、自尊心を高められる生活、言葉を大切にしていきたいです。今日は大きなパワーを頂けました。ありがとうございました。

本日はありがとうございました。子どもだけ、親だけで個々に頑張る・知る・理解するのではダメだとつくづくわかりました。ヘーグルを通して、子育てを見直す良い機会になっています。先生方の潜在意識をいつも考えた言葉がけや対応、授業を受けられている我が子をとても運の良い子だと感じます。先生方の魔法の言葉=プラス思考の言葉がけが自宅でも真似できるよう、子どもたちを見守っていきたいと思います。

本日ご参加出来なかった内部生の方は、DVDでご受講いただけます。お子様の月齢に関係なく、皆さまご参考にして頂ける内容となっておりますので、是非この機会にご視聴ください。6Fカウンターにてご予約を承っております。お気軽にお問い合わせください。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る