2016年3月13日:「第4回親と子の共育大学」を開催しました

全世界版の『親と子の共育大学』完成です!!

2合体

平成28年3月13日(日)に『親と子の共育大学』が実施されました。

今回は11講座~14講座が予定されており本日を持ち1年をかけて作り上げた『全世界共通版の親と子の共育大学』が完成いたしました。

今回完成した内容については全世界で同じ内容が、講義や授業後のレクチャーという形式で全世界へ発信される予定となっております。

今回開催されたのは以下の4つの講座となります。


第11講座『潜在脳(右脳)記憶法』

第12講座『潜在脳(右脳)速読法』

第13講座『親と子の心のパイプづくり~だっこ法~』

第14講座『徳のある優しい子に育てる法』


特に11講座、12講座については親子でご参加されているご家庭も多く会場は定員超えの満員の中、熱い講義となりました。

講義だけでなく親子ともに実際に取り組みも行い親子の絆、授業・右脳に対する理解も深まりました。

4.IMG_1071

13講座、14講座にあるように子どもをしっかりと育てていくためには親と子の関係が非常に重要です。

何気なく行っている行動、言葉かけが子どもに与える影響の大きさについて理解を深め、どのような行動・言動が有効であるかを改めて学ぶ場となりました。

10.IMG_1014

この『親と子の共育大学』という講座は子供の成長に負けないように、親としても成長する。

そのための分かっていると思っているはずの『基本』をしっかりと見つめなおすことができる最高の場ではないでしょうか?

今年度の開催をもって、一旦『親と子の共育大学』は休講となりますが、保存版の映像となり全世界へはばたいていきます。

ぜひとも様々な機会でご覧いただければと思います。

今回、ご参加いただいた皆様より感想文を頂戴しております。その一部となりますが紹介をさせていただきます。

第11講座 ~潜在脳(右脳)記憶法~

親子で参加できてとても良かったと思いました。

右脳のことはなかなか分かりにくく、家でどのようにトレーニングし身に付けたらよいか分からなかったところが具体的に理解できました。

遠方からの通室と、日常の仕事等で忙しいと言ってしまったら何も得ることができないと思いますので最大限努力し、子どもたちにやれることをしていきたいと思います。

第12講座 ~潜在脳(右脳)速読法~

何があっても目訓等の家庭での取り組みを休まない息子に対して、本日の講義を聞いた後に熱いものがこみあげてきました。

小学部に通い始めて1年半、成果がゆっくりではありますが出ています。私自身も今日から息子と朝目訓に取り組みたいと思います。

5.IMG_1115

6合体

第13講座 ~親と子の心のパイプづくり~だっこ法~~

普段から子どもの意見、気持ちを聞いてあげる様に心がけていますが、感情的になると子どもが言う前に私の気持ちをぶつけていることがあります。

我慢させているなと思います。我慢するのが癖にならないよう、泣くのをおさえつけてしまわない様、今日からまた改めて子どもの気持ちをくみとってあげられるようにしてあげたいです。

泣きたいときは作業中の手を止めてでも泣かせてあげたほうがいいですね。

第14講座 ~徳のある優しい子に育てる法~

子育てをするにあたって家庭では生きる力を子どもにつけてあげる事を常に教えてきました。

ベースとしてはHEGLで『心の話』が入り、人の事を常に考えられる人間に育ってきてくれていると感謝しています。

長男は常に自信を持ちポジティブに考えられるようになっており親としては安心しております。

今はまだ結果は出ていませんが、自分が本気になった時には力を発揮できると思えているのもHEGL教育を受けてきた結果です。

次男においても常に笑顔で皆を和ませてくれており、このまま良いところを伸ばしてあげたいと思います。

今後とも親子ともに学ばせていただきたいと思っております。

今回の講座内容についてはもちろんDVDでも受講することが可能となっております。

ご興味、ご都合にあわせてお気軽にご相談ください。

9.IMG_1196

11.IMG_1251

関連記事

ページ上部へ戻る