2016年10月23日:「1DAYPAD 高速学習マスター講座 記憶実践コース」を開催しました

2-%e5%90%88%e4%bd%93

10月23日(日)第43回1DAYPADが開催されました。

HEGL講座の中でも最高峰と言われるこの講座に、

今回も小学2年生から高校生までの生徒たちが参加し、

各々が自分で決めた目標に挑戦し、

自分自身との真剣勝負に臨む密度の濃い一日を過ごしました。

場にいる全員が集中力を高め、相乗効果により教室は超高次元へ

dsc_0002

1DAYPADは朝一番、理事長の講義から始まります。

眠い目をこすりながら教室に入ってきた生徒たちも席に着いた途端に姿勢を正し、

今日一日を有意義なものにしようという意気込みを身体中から発します。

理事長が「礼!」の号令をかけると、場の空気は更に張り詰めていきます。

目標を持つことの大切さ、自分に負けないことの尊さについての話をノートに記す生徒たち。

どの目も真剣そのものです。

理事長の講義の後は代表の講義、そしてMini PADの時間へ。

Mini PADが終わると、そこはもう別次元の超集中空間と化します。

3-dsc_0046

6%e5%90%88%e4%bd%93

目標達成に向けて、自分自身と真剣勝負を

その後、生徒は各々、代表先生と個別に面談をして、今日の目標を設定します。

MEPで使用している教材を進める、学校の試験勉強をするなど、

やる内容は十人十色ですが、どの生徒も席に戻ると

すぐに自分のやるものを出して学習にとりかかります。

MEP教材を進めている生徒にはテストもあり、たくさんの単元をクリアしてゆく生徒たち。

高密度の中で時間は流れていきます。

dsc_0200

%e5%90%88%e4%bd%93

午後にもう一度Mini PADをして、生徒たちはラストスパートへ。

夕刻、代表の「それまで」という声が響くと、

どの生徒の顔にも全力を出し切った充実の表情が見てとれます。

次回は12月4日(日)に行われます。

高速実践に参加された方であれば、どなたでも参加できます。

高次元の中で、自身の限界に挑む。

この経験は、多くのものを参加者にもたらしてくれることでしょう。

次回もたくさんの方の参加をお待ちしております。

5-dsc_0129

参加者感想

・僕は最初、前回の1DAYPADで達成した量の倍くらいの目標を立て、

終わるかな…と心配でした。

けれど、この場に来てやる気を出してやってみると、

みるみるうちに魔法でもかかったかのようにすらすらできてびっくりしました。

これからの学習にも役立ちました。ありがとうございました。

(小4男子)


・私は、この講座の自分のペースでやれるところが大好きです。

家ではなかなか集中してできない勉強も、HEGLの高速学習でやると、

いつもよりたくさん進んでいいです。

次は、妹も一緒に受けられたらいいと思います。

家でも「目標」を高く持って頑張ろうと思いました。

(小3女子)


・理事長先生の話は、ちょっと難しかったです。

でも、とてもいい話でした。

私は、今回の1DAYPADで、ほーぷと天最パズルをやりました。

分身がやってくれたので、案外簡単でした。

達成できたのでよかったなと思いました。

目標があると、やはりすごくいいんだなと思いました。

今まではなかなか達成できなかったけれど、

今回は達成できたので本当に嬉しいです。

また新たな目標を立てたいと思います。

(小3女子)

8-dsc_0227

関連記事

ページ上部へ戻る