2013年7月7日:「第31回1DAY PAD 高速学習マスター講座 記憶実践コース」を開催しました

 

2013年2回目の1DAY PAD高速学習講座(第31回)が梅雨の明けた7月7日(日)七夕に開講されました。

外は連日の真夏日。1DAY PADの行われた第2校も理事長と代表の暑い(熱い)講義から始まりました。

理事長と代表の熱い講義に、参加している生徒たちも前回の5月以上にテンションが上がっていたように思われます。

 

理事長のレクチャーは、受験期の心構えから始まりました。

「受験はいつかやってくる。それは分かっているようで分かっていない。気付いたときには既に始まっているなんてことも。時間は永遠ではない。勉強は時間との勝負となる。また自分と約束をし、それを守る。それを繰り返し行いながら自分自身に問う。それをきちんと行うことで自然と体が覚え、身になる・・・」

「右脳は無限の力だ。だが自分自身の努力がなく右脳任せになると結果が必ず出るわけではない。右脳は+αの力。自分自身の努力で鍛えられた左脳とリンクをすることではじめて右脳のパワーは掛け算となり、他の人の何倍・何十倍、それ以上無限大の力を発揮するのだ。だから何事も一生懸命やる。努力することが右脳の力を最大限に発揮する源だ」という話もありました。

HEGL最高峰の1DAY PAD参加者の生徒たちも真摯に耳を傾け、一生懸命ノートに書き取っていました。

 

代表からは“思い”についての話がありました。

「自己の成長のためには必ず思いを持つこと。強い思いを持ち念じることで実現へと向かう。あきらめてはいけない。あきらめれば魔(間)を生む。それをいつもの自分ではなく、本当の自分によって確認をする。そうすることで人の何倍もの速さで成長することができる・・・」

また、「1DAY PADのような長時間集中して勉強をすることは普通の人には到底不可能なことであり、“それを行えた=右脳を使えた”証拠である。HEGLで一生懸命努力・毎日訓練して右脳を使えるようになったあなた達しかできないことである。成功を思いイメージして成功のために右脳を使いなさ」との話がありました。

生徒たちは代表の思いを受けとめ、自分自身の思いを描き、成功に向けて1DAY PADは開始されました。

その結果、ほとんどの生徒がいつもの自分より成長・成果を挙げていたように見えました。このように普通では考えられない結果がもたらされることから、1DAY PADは生徒のみならずご父兄からも篤い信頼をえているのだと思います。

さて次回は暑い夏が過ぎ、秋に入った10月6日(日)に開催します。夏の間にパワーアップした生徒さんはもちろん、参加資格を新たに得た生徒さん、残念ながらパワーが少々落ちてしまった生徒さんもぜひご参加ください。

1DAY PADに参加することで右脳・左脳を磨き、更にパワーアップ・レベルアップを図ってみませんか!? 驚くこと間違いなしですよ!!

皆様の参加を心よりお待ちしております。

関連記事

ページ上部へ戻る