胎教とはどんなもの?実際、どんな効果がある?

胎教とは

胎教とはどんなもの?実際、どんな効果がある?

一般的な胎教とは、妊娠中にがリラックスした状態でお腹の中の赤ちゃんと向き合えるように、生まれる前からお腹の赤ちゃんに話しかけたり、音楽を聴かせたりすることでコミュニケーションをとることをさすことが多いです。
 

胎教にはどんな効果があるの?

胎教によってお母さんが心身ともにリラックスすることで、お腹の赤ちゃんとの一体感を感じることができ、ホルモンの影響で情緒不安定になりがちな妊娠期間中を穏やかな気持ちで過ごすことができます。

実際、胎教を行なったお母さんの中には、安産で痛みも少なく産むことができた、逆子が治って帝王切開をしなくて済んだ、といった話をされる方もいらっしゃいます。

また、生まれてくるお子さんも、性格的に穏やかで幼い頃から聞き分けがよかった、夜泣きをほとんどしなかったので助かった、誰にでもにこにこと人懐っこく接する子に育った、と子育てのしやすさを挙げられる方も多いそうです。
 

胎教ではどんなことをすればいいのか?

赤ちゃんに名前をつけて声がけをしつつ、プラスのイメージの言葉で話しかけるのがいいとされています。また胎動を感じる時間帯は、軽くお腹をトントンしたり撫でたりしながら、お母さんから赤ちゃんにメッセージを送りましょう。

安定期に入ったらマタニティヨガや散歩、ストレッチなど軽い運動をするのもよいとされています。
たお腹の中でも少しずつ聴覚が発達し始めるので、絵本の読み聞かせや音楽を聴かせたりすることも効果的とされています。

ただ、胎教のやり方に正解はありません。お母さんが心からリラックスできる方法を探して、それを実践するのが一番いいと思います。
 

胎教はいつからスタートするの?

妊娠5ヶ月を過ぎた頃から海馬と呼ばれる脳の記憶を司る場所が完成してくるため、胎教をすることで赤ちゃんの脳に刺激を与えることができると言われています。
また、赤ちゃんの聴覚が完成すると言われているのが、妊娠6ヶ月頃とされているので、その頃から始められる方が多く、妊娠7ヶ月を過ぎた頃には音の区別ができるようになってくるため、お父さんやお母さんの声をたくさん聴かせてあげるとよさそうです。

ただ、妊娠中の健康状態は個人差が大きく、悪阻などが長く続く方もいるので、体調が整い心に余裕が出てきた頃に始めましょう。
 

胎教を学べる場所はあるのか?

幼児教室の中には、胎教期からの教育にも力を入れているところがあります。
独学でやるよりも、より高度で専門的な内容を学びながら実践できること、家に閉じこもりがちな妊娠中にお母さん同士の繋がりもできることなどが、通室して学ぶことのメリットです。

プロの講師から、妊娠期にも体に負担をかけずにできる妊婦体操を教えてもらったり、食育の大切さを学んだりすることで、妊娠に向けての体のコンディションを整えることができます。

また、今話題のマインドフルネスなどの技術を取り入れたイメージトレーニングを行い、潜在意識への働きかけを行うことで、心身ともにリラックスした状態を保つことが可能になります。
他にも、お母さん同士で出産や育児への不安を共有したり、悩みを講師に相談して適切なフィードバックを得られたりすることで気持ちが落ち着き、自信をもって出産を迎えることができます。

胎教を行う幼児教室のごく一部のプログラムを紹介しましたが、実際はもっと内容が多岐に渡ります。実際に足を運んでみて、一番自分に合うと思える教室を探すのがいいと思います。

初めて経験するならば誰しもが不安になるお産。せめてお母さんが幸せな気持ちでお腹の赤ちゃんと向き合い、心穏やかに出産時期を迎えられるように、胎教を活用してみてはいかがでしょう。赤ちゃんが生まれる前に心を整える方法を学べるかもしれませんね。