幼児教育で欠かせない「知育」とは何か?

知育とは

幼児教育で欠かせない「知育」とは何か?

世界的に注目されている北欧諸国の教育をみていくと、今、「知育」を取り入れた遊びなどを推奨しており、実際、知能を伸ばす教育として注目されています。
 

知育に欠かせない「三育」とは?

「知育」とは、子どもの知力や知能を伸ばしていく教育のこと。
一般的な学習と大きく異なるのは、学力面を重視するのではなく、三育と呼ばれる「知育」「徳育」「体育」に着目して才能や能力を育てることを目的としています。
国際社会で通用する、自分の頭で考えて行動し、各分野で活躍できる人材を育てようという思想のもとに成り立っています。

この三育の考え方は、イギリスの学者であるハーバード・スペンサーの考えがベースになっています。「知育」とはその子の生まれ持つ能力や才能、知能などを育てる教育のこと。
「徳育」は、道徳心を育てて、人の気持ちを考えて行動できる人へと育てる心の教育を指します。
そして「体育」は運動を通して健康的な体を育てるという考えです。
「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と日本のことわざにもあるので、具体的な説明がなくても、その考えに共感する方も多いと思います。
 

日本の幼児教育における「知育」の取り組みは?

日本において知育の大切さが認識され始めたのは、ごく最近のこと。
まだまだ諸外国に比べて学べる場所は少なく、小学校の義務教育を中心に左脳偏重の教育をされているところが多いと思います。
そんな中でも注目されているのが、就学前の子どもたちを対象とした幼児教室です。

視覚情報からのキャッチアップが早い幼児期にフラッシュカードを使って、様々な分野の知識をインプットさせたり、五感を刺激した遊びで子どもたちの好奇心を刺激しながら学べたりするものが多く、幼児教育を受けて育った子どもが就学後に高いIQを出すことなども徐々に知られるようになりました。
 

モンテッソーリ教育が世界的にも有名

子どもの脳の発達に合わせて指先を使うような遊びを取り入れた「モンテッソーリ教育」などは有名です。Facebookの創業者のマーク・ザッカーバーグやWikipediaの創業者のジミー・ウェールズ、Google創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの2人、Amazon創業者のジェフ・ベゾス、経営の神様と呼ばれるピーター・ドラッカーなど、海外の錚々たるメンバーが、幼少期にモンテッソーリ教育を受けていたと言われています。
 

右脳教育の恐るべき効果とは

また最近では日本において右脳教育も注目されています。
左脳偏重の日本の教育において、右脳開発を行うことで、子どもが生まれ持つ潜在能力を最大限に発揮させて、勉強ばかりでなく、スポーツや音楽などの芸術分野でも秀でた能力を発揮するお子さんが多くいるようです。
人間の脳についてはまだ解明されていないことが数多くありますが、先行する幼児教育の現場で常人では成し得ないような驚くべき成果を出すような例が次々と報告されており、まさに今が旬の教育です。

都内にある右脳教育専門の幼児教室出身者には、他の学習塾に通うお子さんの半分以下の学習時間で難関大学に首席で合格、国立医学部を現役でしかもトップクラスの成績で合格するといた報告があるそうです。
また、国内ばかりでなく、海外の理工分野のトップ校に進学して、優秀な成績を修める国際レベルの人材も輩出しているそうです。

これから教育分野の研究が進み、知育教育の重要性がスタンダードになる日がやってくるかもしれません。吸収力が一生涯で最も高いとされる幼児期に、良質な教育機会を与えることが、その子の将来を大きく変えるかもしれませんね。