1年間悩んだ末に4歳半の息子をヘーグルに入れてみることにしました

月10日間の幼児教室通いでママは完全にキャパオーバー ヘーグルの存在を知ったのは、私がまだ出版社で編集者をしていたときのこと。担当している本の著者の方に、「立川にある右脳教育の幼児教室がとても変わった授業をしていて面白い」、と聞いたのが始まりです。

先生からのノート指導にとても感動した話

偏差値至上主義の考えから抜け出せないジレンマ 我が子には自由に伸び伸びと育ってほしい、なんて口ではよく言っているけれど、実際はあれもこれもできるようになってほしい、なんて甘い期待を抱いてしまうのが親心。今でもなかなか抜け出せないで悩んでいるのが、偏差値至上主義の考え方です。

息子と初めての二人旅で見えてきたもの

ヘーグルに入って早1ヶ月となる10月の初旬、人生で初めての息子と親子二人旅をしてみました。仕事で箱根の温泉地に取材で行く用事があったので、ママが働く様子をP助にも見せたかったのです。そして、たまには環境を変えて宿でゆっくり勉強をしてみるのもいいかなと、弾丸ではありましたが、1泊2日の箱根旅を決行することに。そのときに思ったこと、感じたことを書き留めておきたいと思います。

勉強のペースがつかめるようになってきた

入会から3ヶ月経って、漸く息子にも勉強する習慣が身についてきました。最初の頃は授業に全くついていけず、クラスを一つ下に変えてもらおうかと何度も悩んだほどでしたが、S1プリントなどの補助教材を自宅でこなすようになってから、理解できることが増えて授業が楽しく感じるようになったみたいです。今回は、ここ3ヶ月で試してみて、最も効率的だと感じた勉強法を紹介したいと思います。

ひらがなの画期的な学習法。先輩ママは教え上手

レッスンの間に待ち時間がたっぷりあるので、よく同じクラスのママたちと2〜3人と情報交換会をしています。勉強の教え方で悩んでいることがあれば、誰かが解決策を提示してくれます。ヘーグル初心者の私にとって先輩ママたちの意見は参考になるものばかり。 ひらがなを覚えるのは手紙書きが効果絶大!

授業の練習のみでパズルが得意になった!

ヘーグルの授業ではパズルを使った課題がたくさんあります。プレートパズルやマジックブロック、ペリカンパズル、色板、天地パズルなどバリエーションが豊富。「家でも毎日やってください」と言われているものの、なかなか家では時間がとれず、授業中のみの訓練ですが、毎回赤丸をもらって帰ってくるので本人も得意なようです。