右脳を使った創造的な遊びが上手になった

年長クラスのテキストは、算数的な思考を鍛える問題が充実しています。
点を結んで線対称の図形を作る問題や、立体模型が見る角度によってどう見えるかを問う問題など、まさにイメージ力を鍛えるものが多く、そのお陰か創造的な遊びがうまくなったと感じることが増えました。

折り紙が日を追うごとに上達していった

保育園で毎日折り紙を楽しんでいるようで、5〜6個の作品を持ち帰ってくるようになりました。
最初はチューリップのような簡単なものが多かったのですが、日を追うごとに折り鶴や手裏剣、犬やクジラなどの複雑な作品を折ってくるように。

先生に多少は手伝ってもらっているとはいえ、家で折っている様子を見ても以前よりも手先が器用になったという印象を受けました。

紙飛行機で創意工夫する姿も見られるように

折り紙ばかりでなく、紙飛行機作りにもハマっている様子でした。色々な折り方を試しながら、どれが一番遠くまで飛ぶかを何度も試行錯誤する姿にとても感動しました。まさに右脳が鍛えられているなと感じる出来事でした。
これからどんな能力が開花するのか、ますます楽しみです。