いい刺激を受け合える仲間ができたのが嬉しい

子どもの教育は長い長い道のり。ママたちだって当然、やる気が出る月、出ない月のアップダウンがあるのは当たり前です。今月は仕事が忙しくてやる気が出なかったな…なんて反省するときに、同じクラスのお子さんが家で頑張って暗唱してきた宿題を、先生に上手に発表する様子を見ると、身が引き締まります。

保育園の働くママ同士だと、お迎え後は夕飯の準備から寝かしつけととても慌ただしいので、ゆっくり教育事情について話す余裕なんてありません。その点、ヘーグルではレッスン中の待ち時間がママ同士の情報交換の場。

誰かがペースダウンしているときでも、他のママが士気高く頑張っているので、それを聞いて、「よし、うちも今週は頑張るぞ!」という気持ちにさせてもらえるので、とてもいい仲間ができたなぁと日々感じます。

実際、ヘーグルに通うママは誰も教育熱心。それ故に教育に関する情報の宝庫と言っても過言ではありません。

手作りのフラッシュカードがもはやプロ級

とあるママは、毎月の課題CDに出てくる内容を、自分で絵カードにしてお子さんに見せているそうです。例えば、名画の話だとか作曲家の話では、実際の名画や作った人物の肖像をカラープリントして絵カードにして見せているのです。

手作りとは言うものの、もはや教材として高値で売り出せるレベルの完成度。「これを作ると私も勉強になるし、いいんだよね〜」と、作る過程も含めて全て楽しんでいる印象でした。

5歳で3ケタの暗算をスラスラ!?

もう一人驚いたのは、計算が得意な男の子のママ。聞いてみれば、年中にして三ケタの足し算を暗算しているとのこと。年長クラスからしか入れないそろばん教室の先生を説得して、年少の頃から入学させていたらしい。

「スーパーで買物すると、レジに行く前に計算してくれて便利なの〜」

とこれまた楽しそうに語っていました。我が家、まだドット棒で挫折気味なのですが、もうちょっと頑張らないとな…という気にさせてくれました。

子どもの学習は、根つめすぎて教えるママが爆発するパターンも多いので、朗らかに楽しみながらクリアしていくママ友たちの様子を見ているととてもいい刺激を受けます。

私もがんばるぞー!という気持ちにさせてもらえる、ヘーグルの環境が、私には居心地がよくてとても好きなのです。仲良くしてくれるママたちに感謝!