子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第103回「「緊張しないぞ」でなおさら「緊張」~自己暗示の“コツ”」

509843 [更新済み]

梅干を思い浮かべてみてください。

赤くてシワシワの梅干です。

それを口に入れたところを想像すると、

本当につばが出てきますよね。

頭で想像すると、すぐに体に影響をおよぼします。

今度は、半分に切ったみずみずしいレモンを

想像しないでください。

どうですか、いくら言葉で「しないで」と否定しても、

黄色くて酸っぱいレモンを思い浮かべてしまいませんか?

それだけでなく、つばも出てきてしまいます。

人前で慣れないスピーチをしなければならないとき、

「緊張しないように」と自分に言い聞かせて

壇上に立ったとします。

「緊張しないように」といくら言葉で繰り返しても、

「緊張している自分」が頭に浮かんでしまいます。

そんな状態で、少しでも言葉に詰まってしまったら、

ものすごい緊張状態に一気に陥ってしまって、

スピーチは台無しです。

「~しない」と言葉で『否定』を意識しても、

いったん映像としてイメージしてしまうと、

もう否定されないのです。

では、どうすればイメージと自己暗示がうまくいくのでしょうか?

それにはまず、『失敗』や『緊張』ではなく、

『成功する自分』や『リラックスしている自分』をイメージして、

同時に言葉でも言い聞かせれば良いのです。

スポーツ・勉強・仕事、何においても同じです。

そして「うまくいくぞ、成功するぞ」という

『成功したイメージと自己暗示』で成功したときには、

「やった!イメージ通りにうまくいったぞ!」という

喜びの体験とともに、新たな『成功』のイメージを

得ることができます。

その瞬間から『成功体験』となって、

より深く強い『成功のイメージ』として残ります。

『成功するイメージ』を『成功体験』で

強化することができるのです。

スポーツや勉強、仕事などをしていて

「キツイなあ」と思うことがあります。

この「キツイ」も他の捉え方ができます。

「キツイ、つらい、厳しい」という言葉を

「楽しい」に置き換えます。

単に言葉を代えるだけなのですが、

『楽しいというイメージと自己暗示』に変わってしまうのです。

『楽しい』とイメージし自己暗示できたときには、

脳の中ではアルファ波が多く出ている状態になっています。

スポーツ選手が良い結果を出すのは、このような状態のときです。

それに対し『ネガティブ(否定的)な考え方』をすると

ベータ波が多くなり、緊張して体もこわばった状態に

なってしまいます。

厳しいトレーニングやハードな仕事も、

『楽しみながら』やることで、脳波はアルファ波になり、

気持ちも体の状態もポジティブな方向に

変化するのです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■神奈川県小田原市から通室
Dくん・Yくん

子どもを信じていると、
どんどん能力を発揮してくれるのが
手に取るようにわかる!!
2時間かけて通室くださっている
お母様のお話です。

◼︎動画はこちら⇒【★神奈川県小田原市から通室
Dくん・Yくん