子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第142回「魚一尾と刺身の関係?」

555575

 

先日、ふるさと納税をしたら、
「豪華!魚介類セット」が
送られてきました。

そこには、
今まで見たこともないような
珍しい魚がたくさん!

冷蔵便で送られてきました。

眺めているうちはよかったのですが、
でも、一体この魚を
どう捌けばいいのでしょう?

結局、近くの魚屋さんに頼んで
捌いてもらいました。

この時、ふと思ったことがあります。

もしかして、
子どもたちの学習についても
このようなことが
起こっているのではないかと。

今の子どもたちを取り巻く学習環境は、
昔と比べれば非常に整っています。

例えば、中学受験の算数についても、
例題があり、
続いてそれについての解法があり、
次に懇切丁寧な解説までついています。

魚で言えば、
すでに刺身の状態になっているので、
子どもは醤油につけて食べるだけです。

魚をはじめから捌くなんてことは
考えたこともないでしょう。

親や先生も、
早く食べて次の料理に移ることしか
考えていません。

しかし、これからの時代に
必要な能力とは何でしょう?

それは、
今までに見たこともないような
問題について、
とにかくチャレンジしてみる
といった能力が必要です。

一匹の魚を見たら、
どうにかして捌いてみようと
包丁を入れてみることです。

おそらく、
上手くはいかないでしょう。

でも、何度か挑戦し、
試行錯誤を繰り返していけば、
上手くいくこともあります。

そんな体験をした後で、
プロの包丁さばきを見れば、
「なるほど、すごい!」
と感銘を受けるでしょう。

そうして見た包丁さばきは、
一生忘れることはありません。

このような感動を伴った体験を
多くさせることが、
とても大切なことです。

ヘーグルのMEPは、
このような考え方に基づいて
作られています。

始めから、
一番要領の良い方法を教えるのではなく、
自ら気づくことを大切にしています。

そのような過程の中で得た知識や経験は、
後で大きく伸びる原体験となるのです。

これから、
AIが台頭してくる時代になりますが、
そんな時代に必要とされる能力は、
このような能力なのではないでしょうか。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■右脳で早大合格!
記憶力抜群の秘密
〜2歳から通室 Y君〜

小さいころから、
ヘーグルで右脳開発を行っていたY君、
どう成長していったのでしょうか?

◼︎動画はこちら
⇒【右脳で早大合格!記憶力抜群の秘密〜2歳から通室 Y君〜