子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第237回 ヘーグル教育が目指しているものとは? Part2

FavoriteLoadingあとで読む

ヘーグル教育先日、小学6年生が
小学校を卒業する時に行われる
「進級式」が開催されました。

ヘーグルでは、
なぜ「卒業式」とは言わず
「進級式」なのでしょうか。

それは、中学生になっても
ヘーグルに通ってくる生徒が
少なくないからです。

先週、「シニアコース」プログラムを
実験的に行いました。

これは、中学生以上の「壱萬会生」が
参加できるコースです。

このコースに参加した生徒たちは、
「小学部も素晴らしいが、
シニアコースは、さらに素晴らしかった」
と、その効果を実感しています。

ヘーグルは、幼少期に開発した
『右脳と左脳=全脳』の力を
大人になっても十分に使え、
さらに発展していける能力を
身につけさせてあげたいと
思っています。

ですから、ヘーグル教育は
幼少期~小学生期、中・高生期~の
一貫教育なのです。

今回の「進級式」でも、
年齢は12歳、ヘーグルに通室した年数が
13年間という子が何人かいました。

そのような子は、
お母さんのお腹にいる時(胎教期)から
通っているのです。

「進級式」では、参加者全員
(お子様本人とお父様・お母様)に
アンケートを書いてもらいます。

そこに書かれたメッセージを
いくつかご紹介します。

これらのお父様・お母様の
メッセージを読まれると、
ヘーグル教育で得られるものが
感じられると思います。

どの場にいても
 リーダー的な存在で…と言われ、
 ○○君にみんなをまとめてもらいたい、
 と言われることが多々ありました。

 下級生の面倒も進んでお世話している、
 と聞くとHEGLでたくさんの話を
 聞いたり学んできたのかなと
 思います。

■自分としての考え方を
 持っているように思う。

 物事を判断する軸があり、
 その考え方はしっかりとしていると
 思う。

 まだまだ子どもとしての部分も
 ありますが。

■常に周りのお友達を意識できて、
 一人でぽつんといる子には
 さりげなく声をかけてあげて、
 一緒に居られるようにしてあげたり、
 人の悪口ばかり言っている子には
 (パワーが下がるからと思い、
  口には出さないが)
 遠回しに注意ができる。

■自分が必要を感じた時の集中力。
 
 バレエの振り付けは、
 1回見ただけで完璧に覚えてしまう。

■「心の教育」先生方より、
 為になる話をたくさん聞くことにより、
 とても心の優しい子に育っています。

 どこに行っても、
 誰とでも仲良くできます。

 お友達はもちろんですが、
 学校の先生方、習い事の先生方、
 へーグル以外でも
 関わりのあった先生方に
 可愛がってもらうことができました。

 ○○はいつでも相手のこと、
 相手がどう思っているかな?と
 気づかうことができるようです。

 へーグルに通うことで
 身につけられた力なのだと思います。
 大変ありがたく思っております。

■学校でも習い事でも
 生活面も勉強面も素晴らしいと
 ずっと褒められます。
 (リーダーシップ、
  クラスのムードメーカー、
  人が嫌がることも進んでできる、
  困っている子に自分から
  声を掛け手伝ってあげられるなど)

 親から言うのも少し恥ずかしいですが、
 すごく立派に成長できていると
 思います。

 HEGLのおかげだと
 強く感じております。

 ありがとうございました。

記憶はすごいです。

 短時間で覚える力は、
 学年が上がるごとにパワーUP。

 右脳を使って
 生活、勉強しているようです。

自分が受けた良かった経験を
 他の人にも与えたいという思い、
 また兄弟で何かしてあげることを
 自分の喜びにしているということ。

 家で毎日ではありませんでしたが、
 プチHEGLをやって、
 代表先生のお声をマネしながら
 フラッシュカードをやったり
 パズル視点移動などして頑張れたら
 自分のおこづかいで買った駄菓子を
 がんばった賞としてあげていました。

 それを通して
 自分も嬉しいということ。

 おこづかいもそうやって使えてる方が
 嬉しいと言っていましたが、
 兄弟で実践し
 これから他の人に対しても
 そういう気持ちで生きていく素地力が
 人生80年90年に渡り生かせる成長だと
 思いました。

 また、学校では、
 積極的にゴミ拾いもやっている
 ようです。

■考える力が身につきました。

 サッカーでは、
 パスコースが光って見える
ようです。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/load-s002/public_html/kosodate_blog/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405