子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第37回 家事手伝いが、脳と人間を育てる

子どもが勉強さえしていれば安心、という親が増えています。

最近の、特に首都圏の子どもは、過熱する中学受験ブームに
巻き込まれて、勉強、勉強と追いまくられています。
「ゆとり教育」の反動でしょうか、
その過熱ぶりは凄まじいものがあります。

そんな中で、子どもの教育にとって大事なものが
次第に忘れ去られてしまっています。

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s

 

例えば、昔の子どもは家事を手伝うことが当たり前でした。

兄弟が多かったこともあって、お兄ちゃんは風呂当番、
弟は玄関の掃除、妹は配膳の手伝いや食後の食器洗いなど、
分担が決まっていたものでした。

fd50eef387d63fb5c4801e82c715e2b3_s

 

でも、最近は、子どもたちが忙しくなってきて、
家事手伝いをしていると勉強する時間がなくなる
という理由で、だんだんしなくなってきました。

勉強をする動機も、勉強をしないと良い学校に行けず、
自分が苦労するからという自己中心的な発想からです。

家事手伝いもしないとなると、家族のためにとか、
みんなで協力をして、などという意識が希薄になり、
やがて大きくなって行動の自由度が高まってくると、
それぞれが勝手な行動を取り始め、
家族がバラバラになっていきます。

家事手伝いというのは、家族の一員として生きていくのには、
当然の義務です。

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

 

お父さんは、外でしっかりと働いてお金を稼いでくる。
お母さんは、家族の健康を考えきちんと家庭を守っていく。

そして、子どもたちは、これから社会へ出て大きな貢献を
するための準備として しっかりと勉学に励み、
お父さん、お母さんの手伝いを少しでも多くやっていくことが、
家族それぞれの役割であるはずです。
そのようなことを通して、子どもは大きく育っていくのです。

「お兄ちゃんは受験だから」といって特別扱いしてはいけません。

受験で家族に迷惑をかけているのだから、逆に
家族のための手伝いを増やすくらいの覚悟をさせたいものです。

本当に優秀な子は、算国理社以外に英語の勉強をしながら、
難関校に合格するのです。
そのくらい余裕のある子だと、将来、使える人間に
成長していきます。

家事手伝いの中で、一番脳を鍛えるのに良いのは料理です。

26e20d93c47cf6290b07d6bec3965015_s

 

まず、今晩の献立を考え、食材を整えるために買い物をし、
できるだけすべての料理が同時にあつあつで食べられるように
仕上がる段取りを組むことで、脳は大きく鍛えられます。

せめて、週に1回くらいは、子どもたちだけで料理を
作らせる日があってもいいと思います。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

●前述で、「受験」というワードが上がっていましたが
未来に受験を控えたお子様をもつお母様方 必見の動画を
こちらでご紹介しています。

受験に向けての期間中、陥りやすい状況とは…?
【★中学受験に潜む「育てゲー」の危険】

●ヘーグルの中学・高校・大学入試対策の「MEP」の
ご案内はこちら⇒『MEP』