子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第138回「フォロワーシップ教育の大切さ」

ACƒtƒH[ƒ}ƒbƒg

ヘーグルでは、
「人間学」を中心とした教育を行い、
「リーダーとなる人間の養成」とともに、
「リーダーの気持ちが分かる人間づくり」
を目指しています。

世の中には、
リーダーとなる人間は数多くいますが、
それでも相対的に見ればごく少数です。

実際には、
リーダーをサポートしていく人間の方が
圧倒的に多いのです。

では、なぜリーダーとなるのに必要なことを
多くの人が学ばなければならないのでしょうか。

それは、
リーダーが意図することをきちんと理解し、
的確なサポーターとなる人間が
多ければ多いほど、

組織は健全に運営され続けていくもの
だからです。

そのようなことを、
「フォロワーシップ」といいます。

『頼れるフォロワー、困ったフォロワー』
を著したハーバード大学の
バーバラ・ケラーマン教授は、
組織が大きく複雑になればなるほど、
組織としてのビジョンへの
フォロワーの参加を強化することが
重要だと言っています。

つまり、
リーダーが明確なビジョンを提示すると同時に、
フォロワーもそれを実現するための力を
持たなければならないのです。

リーダーシップとフォロワーシップに
共通することは、信念を共有し、
それを同じ方向に進捗していくことができる
ということです。

以前、
アメリカ大統領にオバマ氏が選出されましたが、
彼を当選に導いた陰には、
米国民の発揮する
主体的なフォロワーシップがあったのです。

アメリカ国民は、
リーダーシップをとることが強調されますが、
その反面、
素晴らしいフォロワーシップの持ち主
でもあるのです。

リーダーがいくら笛を吹いても、
それに反応する群衆の熱意がなくては、
岩は動かないでしょう。

アメリカの大統領就任式を見ても、
日本人からみれば、
うらやましいくらいの一体感があります。

激動の時代を迎えている今、
私たちも一丸となって難局に立ち向かう勇気と、
活力を持たなければならないと思います。

子どもたちにも
そのような精神をもってもらうことを
一つ一つ教えていかなければなりません。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■瞬間記憶できる子に育っています!

「何でも記憶するのが早くなった」
というKくんのお母様、とても
楽しく通室されている様子が、
印象的です!

◼︎動画はこちら
⇒【瞬間記憶できる子に育っています!