子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第19回 よい早期教育と悪い早期教育 1 ④

前回、大きくなって成果を上げている子のほとんどが
乳幼児、幼児から右脳教育を始めていると書きました。

しかし、ここには大きな注意ポイントがあります。

第19回素材2

 

右脳教育の根本原理」をきちんとわかって
いなければならないということです。

たとえば、よく勘違いをされる例として、

① フラッシュカードを見せさえすれば、
右脳が活性化するので、大量に家でも見せた方がよい

② 幼児期は、大量暗記が大切だからといって、
かなりの量の暗記をさせる

③ CDやフラッシュカードなどのDVDを
家でかなりの量を見せたり聞かせたりしている

④ 様々な教材を買わされ、家の押し入れは使えなかった
教材の山になっている

などです。

ヘーグルにも、全国各地から通われてくる方の多くは、
ご家庭で熱心に様々な取り組みをされてきた、
もしくはしようとしたが、思うような結果に結びつかず、
人づてにヘーグルのことを聞いて遠路はるばる
やって来られた方です。

第19回素材3

 

ヘーグルのポリシーは、以前から・・・

ご家庭でできないことをやる。
例えば、フラッシュカードは右脳に刺激を与えることに
関しては有用な教材ですが、家でたくさんめくる必要もないので、
お教室で見せる(50分授業のうち数分間)程度で
十分としています。
中心は、あくまでも授業の質であり、様々な分野にわたる
お教室での取り組みです。

ご家庭では、数多くの教材を揃える必要もないので、
少しのプリントをやったり、絵本の読み聞かせ程度でよいのです。
配布CDを少し聞かせる程度で、DVDを見せたりする
必要はありません。
ヘーグルでは、本当に必要と思われる教材しか
販売していません。

右脳活性に必要なのは、お教室の「場」です。
ですから、PADなどを通して、幅の広い年齢層の方々を
指導し、かつ、長年通っている子どもたち
(乳幼児から小・中・高生になるまで)が、
どう育っていくのかということを常にフィードバックし
代表、理事長が自ら現場で率先垂範しながら、
日々研究を重ねています。

親御さんの意識のあり方が成果を左右するので、
毎週のレクチャーや、ノート指導、毎月開催する
親と子の共育大学」、季節ごとの開催するPADなど、
親も子も共に成長できる場を提供し続けること。

です。