子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第20回 よい早期教育と悪い早期教育 2  ④

誰もが、子どもによかれと思ってやるのが「教育」です。

しかし、その方向が正しければ良いのですが、そうでない場合に、
かえって子どもの負担になってしまう場合があります。

第20回素材3

 

特に早期教育の場合は、
ほぼ100%親が主導権を握ってしまうので、
親の理解度や考え方が直接的に影響を及ぼします。

① 攻撃的なタイプで、何でも勝ち負けとして
とらえがちなタイプ

② いつも他人の動向が気になり、周りの人が何かに飛びつくと、
自分も流されてしまうタイプ

③ 夫婦仲があまり良くなく、
どうしても子どもに過度の期待をかけ、
強い関心がいってしまうタイプ

④ 人よりも先んずることを求め、
何としてでもわが子を優秀児に仕立てたいタイプ

このような人は、早期教育を始めると、
行き過ぎてしまうことがよくあります。

確かに、人間の脳は刺激によって育ちます。
その刺激が多ければ、脳細胞と脳細胞をつなぐ
多くのシナプスが形成されます。

学びが多くある豊かな環境作りが、教育の基本です。
早期教育は、子どもの才能を豊かに育むチャンスを
与えてくれることに間違いはありません。

しかし、その環境が生かされるのは、子どもが楽しく
学ぶという前提の上に成り立つのです。
心と心が通い、適度な量を楽しみながら取り組むことが重要です。

第20回素材4

 

もっとやりたいよ、ママ

こう言っているうちに、やめることが秘訣です。
「もうたくさん」「もうやりたくない」と言わせてはいけません。

早期教育で行ったことは、熟成する時間が必要です。
まるで、時間をかけて潜在意識に次第に沈んでいくように、
徐々に染みこむように育んでいくのです。

親のちょっとした配慮が、善し悪しを分けてしまうことも
少なくありません。