子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第50回 ヘーグルOGが、英語弁論大会で優勝!

ヘーグルに幼児の時から通っていたOGが、
快挙を成し遂げました。

まずは、読売新聞とThe Daily Yomiuriに掲載された記事を
抜粋してみます。

「香港杯全日本大学生英語スピーチコンテスト
(香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部主催、
ザ・デイリー・ヨミウリ共催)が12月4日、
東京・丸の内の東京国際フォーラムで行われ、
国際基督教大学(ICU)教養学部のKさんが優勝した。

今年で4回目を迎えた大会には事前審査を通過した
10大学の15人が参加。
Kさんは、若者が働きながら滞在できるワーキングホリデー制度を
活用して香港を訪れたい理由を話した。

2位は慶應大法学部、3位は金沢医科大医学部の学生が
それぞれ受賞した。
また、中国からの留学生で
立命館アジア太平洋大国際経営学部の学生には敢闘賞が贈られた。

この記事は、The Daily YomiuriでKさんが優勝カップを持っている
大きな写真が付きで報じられていました。
132180

彼女は、海外で生活した経験もなく、
海外旅行は4泊程度という、出場者の中でも
圧倒的なハンデがあったようです。
他の出場者は、帰国子女であったり、
海外での経験が豊富な人ばかりでした。

Kさんのお母様は、
「この子の英語のレベルは、相当高かったとは思いますが、
もっと優れた文を作って挑戦している子も実際はいました。

でも、堂々とした話しぶりと、ネイティブに間違われるような
美しい発音は、親の目から見てもすごいと思いました。
おそらく、この子は総合点で優勝したのでしょう。

小さいときから2時間もかけて
ヘーグルに通ったことは、とても大きいですね。
頭だけでなく、人間としても大きく育っているな、
というのを実感します。

この子が海外体験もなく、優秀な学生を差し置いて
優勝できたのは、右脳のお陰ですね」
と笑顔でおっしゃっていました。

450640

 

Kさんのお母様とお父様は、本当に教育熱心な方でした。

そして、何より『本当の子育て』を目指して、
ヘーグルと共に実践されてきました。

「親と子の共育大学」を熱心に受講し、何か悩みがあると
子どもたちが高校生になったときでも再度受講されていました。
Kさんが中学生の時、お母様と一緒に2回目のPADを
受けられていたことを今でもはっきりと覚えています。

大きな成果に恵まれる親御さんの共通点が、
最近はっきりと見えてきています。

その輪が、確実に世界に広がろうとしています。