子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第114回「理想の中学受験のカタチとは?①」

049074のコピー

サッカーや野球のチームに所属して、練習に熱中している子や、

音楽やダンスに熱中している子。

小学生のうちから何かに熱中できるのはとても良いことですし、

好きなことを思いっきりやらせてあげるのは、

その子の心の成長に大きなプラスになりますから、

応援してあげたいですね。

そんな子どもたちが、中学受験を意識し始める

4年生くらいになると、急に習い事を止めて

塾に通い始めるようになります。

もしその子が、サッカーや音楽はもういいや、というように

やり遂げた状態になり、今度は勉強に熱中する、というなら

どんどん勉強させてあげればいいと思いますが、

そういう子はきっと少ないですよね。

ほとんどの子は、

「できればサッカーも続けたいけど受験だから仕方ない。」

と思っている、あるいは

思い込まされているのではないでしょうか。

塾通いが始まると、

通常は授業と宿題に追われる日々が続きます。

あるお母さまがおっしゃっていました。

「塾に入れば、みんなお任せできると思っていたし、

初めはそのように塾側も言っていたのに、

入って3カ月も経つと状況は一変。

漢字や計算から始まって、日々のドリルや宿題の後始末は

お母さんの役目になってしまう。

成績が振るわないと、塾から電話がかかってきて、

『とにかく家で勉強をやらせてくれ』の一点張り。

塾に入れれば、楽になると思ったのに、

逆に日々子どもに家庭学習をやらせなければ

ならない日々にうんざりします」と。

結局、週3~4日塾の授業があり、授業がない日は、

ほぼ家に缶詰状態で宿題をやらなければ間に合わない状態に

なっているそうです。

そして、それに拍車をかけるのが毎週の週礼テスト。

毎週の結果に悲喜こもごも。

成績が良ければまだいいのですが、

成績が悪ければ、家族中が暗くなる。

その影響は妹、弟にも及び、

せっかくの日曜日もお出かけなしで家庭学習のみで一日が終了。

激動・激変という言葉がよく当てはまるこれからの時代に、

どのような環境が子どもの脳力を一番伸ばすことができるのか?

理想の中学受験のカタチってどんなカタチ?

そんな素朴な疑問について、

これから様々な角度から考えていきましょう。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

Sくん(4歳・男の子)のお母様

お子さまの伸びを実感するだけでなく、
お母様も変化を感じてくださっている、
大変嬉しいご報告です!!

◼︎動画はこちら⇒【Sくん(4歳・男の子)のお母様