子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第12回 潜在脳(右脳)と左脳の特徴を考える ①

ヘーグルで毎週行っているプログラムの中には、
様々な能力を開発するプログラムが含まれています。

第12回素材1

 

そのプログラムの多くは、潜在脳(右脳)に刺激を
与えるものです。
つまり、脳の器(キャパシティ)を大きくするのです。

その方法を左脳的に考えると「なぜ?」と
思ってしまうようなものもたくさんあります。
それは、「左脳と右脳」は「水と油」の関係のようなもの
だからです。

「左脳」は、ゆっくりと一つ一つ論理的にとらえていく脳です。
ところが、「右脳」は、全体を高速(瞬間)にイメージで
とらえていく脳です。
情報の処理の仕方がまったく逆なのです。

そして、厄介なことには、「左脳」が❝優位脳❞であるために、
❝劣位脳❞である「右脳」よりも先に働いてしまいます。

子どもの場合は、イメージ的に物事をとらえる場合が多いので、
右脳が先に働きますが、大人の場合は、どうしても
理屈で考えようとするので、左脳が先に働いてしまいます。
第12回素材2

 

 

ヘーグルで幼少期に育った子たちは、 潜在脳(右脳)に刺激を
与えられ、イメージでとらえていく方法が ごく自然な方法として
身についています。

しかし、大人たちは、この潜在脳(右脳)を使って
イメージで物事をとらえていく方法には、
あまりなじみがありません。
大人の方たちに「イメージが見える方はいらっしゃいますか?」と
問いかけても、ほとんど挙手される方はいません。

ですから、基本的に左脳型である大人が、
潜在脳(右脳)も使える全脳人間を育てようとする場合、
潜在脳(右脳)の働きや特徴について、
その理論を学び 体感していく必要があります。

それを実践できる絶好の場が『PAD 潜在能力開発講座です。