子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第134回「できない子をどう伸ばすか ~右脳教育にたどり着いたきっかけ③」

680188

前回からの続きです。

みなさんは、
記憶することが得意ですか?
私たちが学習塾を運営している時、
記憶がとても苦手な子が入ってきました。

中2になっても簡単な英単語も覚えられず、
記憶をしようにも、
全く頭に入っていかない様子でした。
当然、学校の成績も良くありません。

しかし、
その子が中学校を卒業する頃には、
相当な記憶力の持ち主になり、
都立のトップ校に合格した友達と、
互角に競うように
英単語を覚えていきました。
高校生になって弟を連れて遊びに来たとき、
「記憶は全然苦手ではない、
いまは大学を目指して勉強しています」
と話してくれました。

私たちにとっても、
本当に嬉しい言葉でした。

彼女はどんなトレーニングをして、
このような変化を遂げたのでしょう。
勉強量を増やしたということもありますが、
実は、
右脳のトレーニングが大きかったのです。

トレーニングの方法はいろいろありますが、
彼女の場合は、
「ひよこ探しゲーム」が
最も合っていたようです。

白いプラスチックの卵の中に、
4色(赤、青、黄、緑)のひよこ
のうち1つを入れ、
どの色のひよこが入っているのかを
当てるものです。
もちろん、
最初からできたわけではありませんが、
様々な右脳トレーニングを繰り返すうち、
半年後には
20回中19回当たるようになりました。

95%の正答率です。

これをきっかけに、
自信をつけた彼女は
いろいろなトレーニングや勉強に
挑戦するようになりました。
その結果、
集中力が高まり、深い理解力をつけ、
記憶も得意になっていったのです。

成果が出たのは、
単に記憶科目だけではありませんでした。

彼女は、数学の成績も悪く、
100点満点で一桁の得点しか
できなかったのですが、
その後、めざましい伸びを見せ、
数学の成績は急上昇し、
一気に80点近くの点数を取ったのです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■記憶スピードは大人顔負けに!?
杉並区より通室、Sちゃん(4歳)
のお母さま

「大人が覚えられないような
スピードで覚えてしまう」
というお子さまのお話
を実感をこめてお話くださいました!!

◼︎動画はこちら
⇒【記憶スピードは大人顔負けに!?杉並区より通室、
Sちゃん(4歳)のお母さま