子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第167回「子どもの屁理屈に対抗する方法 」

00001

子どもが成長していくとき、
反抗期があるというのは
誰でも知っています。

反抗期というのはわかっていても、
どうしても頭にきてしまうことも
多いですね。

子どもの口答えは、
成長の一環でもあります。

ただし、
わがままを押し通すような屁理屈には
閉口します。

あまりに理不尽な屁理屈を
言い出したら、
いい対策法はあるのでしょうか。
一つの対策法として、
「ごはん論法」を用いて
対抗してみましょう。

この「ご飯論法」は、
法政大学の上西充子教授が
ツイッターに投稿して話題となり、
国会審議でも引用されたり、
西日本新聞でも取り上げられました。

とても秀逸にまとめられているので、
子どもが屁理屈を言い出した時に使えば、
いかに屁理屈がばかばかしいかを
悟らせるのに効果的かもしれません。

Q:「朝ごはんは食べなかったんですか?」

A:「ご飯は食べませんでした
  (パンは食べましたが、
    それは黙っておきます)」

Q:「何も食べなかったんですね?」

A:「何も、と聞かれましても、
       どこまでを食事の範囲に入れるかは、
       必ずしも明確ではありませんので…」

Q:「では、何か食べたんですか?」
  
A:「お尋ねの趣旨が必ずしもわかりませんが、
    一般論で申し上げますと、
    朝食を摂(と)る、というのは
    健康のために大切であります」

Q:「いや、一般論を
    伺っているんじゃないんです。
    あなたが昨日、
    朝ごはんを食べたかどうかが、
    問題なんですよ」

A:「ですから…」

Q:「じゃあ、聞き方を変えましょう。
    ご飯、白米ですね、それは食べましたか」

A:「そのように一つ一つのお尋ねに
    こたえていくことになりますと、
    私の食生活をすべて開示しなければ
    ならないことになりますので、
    それはさすがに、
    そこまでお答えすることは、
    大臣としての業務に支障をきたしますので」

何とも言えない
すり替えのオンパレードです。

もし、
このような会話を子どものころから
しているとなると
末恐ろしいばかりです。

子どもには、
誠実さが大切であることを
教えていかねばなりません。