子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第102回「能力開発の“コツ”は呼吸法にある」

姿勢-1

人はトレーニングで天才になる?

天才といわれる人たちに共通して言えるのは、

「興味のあること」「好きなこと」に

「集中して取り組む」ということでしょう。

脳波をアルファ波にすることで、

イメージトレーニングの効果が非常に上がる、

ということをお聞きになったことがあるでしょう。

イメージと潜在能力を発揮するということには

深い関係があるのです。

脳波がアルファ波の状態になれるのは、

特別な人だけだろうと思われがちですが、

実は、『呼吸法』と『姿勢』をちょっと気をつけるだけで、

アルファ波の状態にできるのです。

普通に呼吸していると、肺が自律的に広がったり縮んだりして

空気を出し入れしています。

これを肺呼吸といいます。

肺呼吸では肋骨が動き、肩がわずかに上下するので、

鏡を見ればわかります。

『腹式呼吸』はどうかというと、胸=肋骨を開いた状態にして、

横隔膜を上下させる呼吸法です。

腹式呼吸ができていると、思い切り息を吸っても肩は動きません。

この腹式呼吸を自然にできるようにするには、

『姿勢』に注目するといいのです。

骨盤を少し前傾させて、背中に自然なアーチをつくり、

胸が開くような姿勢をとります。

横から見ると、少しお尻を突き出すような感じになります。

そのまま肩の力を抜きます。

骨盤が前に出るとお腹が前に出て、

背中を軽く反らすくらいの感じで

アーチをつくることで肋骨が開き、

横隔膜も動きやすくなっています。

この姿勢だと、ごく自然に『腹式呼吸』ができるのです。

これを床に座ってやると、

正座の姿勢になります(あぐらでもOK)。

座禅では、この姿勢をとって精神を集中させます。

畳の上で正座をする日本式の生活をしていたときは、

自然と腹式呼吸ができていたのですが、日本人の生活も変わり、

椅子に座ることが多くなった現代の生活環境では、

骨盤は後傾し、背中は丸まって胸が狭まり肺呼吸しかできません。

ぜひ『呼吸法と姿勢』を意識して生活してみてください。

脳の活性化を助けることができます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■往復6時間の通室も苦になりません!
Tくん(男の子)のお母様

通室初めの1-2回は大変だったけれど、
成果の凄さに魅了され、
遠い道のりもウキウキだという、
お母さまのお話です。

◼︎動画はこちら⇒【★往復6時間の通室も苦になりません!