子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第49回大きくなってさらに出るPADの成果

先日も、マレーシアのヘーグルの教室から
2歳の子の天才が生まれました。
数多くのボキャブラリーをもち、
母親の発音が悪いと子どもが注意をするそうです。

ヘーグル教育は、通常の授業を受講するだけでも
大きな成果につながります。

では、何故4日間の集中講座であるPADを開講するのでしょうか。

それは、将来、子どもが大きくなったときに確実に
使える能力にまで高めておく必要があるからです。

170018

 

人間の脳は、大人に近づくにつれて左脳優位になっていきます。
どうしても、論理的に理詰めで考えていくようになっていきます。
右脳的な脳の働きが次第に衰えていってしまうのです。

そうすると、大学入試など能力を最大限に使いたいようなときに、
右脳が思うように使えなくなってしまうこともあります。
ですから、小学生の間にできるだけ右脳の力を高めておくと、
自分が使いたいときにその能力が使えます。

東大理Ⅲに現役合格した子は、
「小学生の時に受講したPADの効果が感じられた」
と言っていました。
291089

 

最近、中学生、高校生になってから、
1DAYPAD高速実践に参加する子どもが徐々に増えています。

そのような子どもたちは、
右脳をさらに効率的に活用して試験対策や日々の学習に
役立てています。

中高生になって、勉強が本格的になってくればくるほど、
PADのような能力開発が生きてくるのです。

「問題を読まずに答えが出てきてしまった。
そして、その答えはなぜかすべて合っていた」(中3男子)

「ヒモの布に問題文を覚え込ませ、
一度見ただけで問いに答えられた」(中1男子)

「数学や理科に関しては、脈打つように字が金に光って
浮かび上がり、途中式や計算方法が
するすると出てきた」(高1男子)

右脳のことがよくわからない人にとっては、
なんとも不思議としか言いようのないコメントですが、
いずれもトップクラスの学校に通っている子どもたちです。

ヘーグルの右脳開発の特長は、大人になってからも
右脳が実学で使えるということです。

PADを受講する生徒も、徐々に海外の方も増えてきています。