子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第70回「ぜひ身につけたい写真記憶能力」

201371b05f5b1accae565fb8da542b38_s

 

子どもが小さい時に是非、身に付けておきたい力は
「写真記憶能力」です。
記憶には、ペグ法やリンク法などがありますが、
この写真記憶法は、レベルが高くなります。

通常のへーグルの授業でそれらの基盤となる能力を養い、
PAD初級講座、PAD高速学習法基本講座、PAD中級講座で
さらにこの能力をレベルアップします。

受講した子どもたちの多くは、写真記憶しようとした映像を
イメージで再現することができるようになります。

この能力を即勉強に活用することは難しいですが、
このような能力を小学生期に育てておく場合と
そうでない場合とでは、子どもが中・高生になったときに
大きな差が出てきます。

子どものイメージ力というのは、
実際に視覚的に見えるかたちで再現する場合もあれば、
視覚的には見えなくても頭の中に記憶として残る場合もあります。
この再現状態は、個人差がかなりあります。

例えば、頭の中にたくさんの引き出しができていて、
記憶した情報をきちんと整理して
引き出しにしまうことができる子がいます。
その子は、試験のときなど必要な時に、
しまってある情報を取り出します。
保存の状態は非常によく、思い出すのに苦労はいりません。

幼少期からこのような能力を培うと、
もともと備わっているかのような自然な能力の一部となります。

つまり、このような能力は、後天的にトレーニングによって
身につけた能力なのにも関わらず、
先天的にあった能力のような感じになります。
脳の自然な機能の一部として育ったわけです。

へーグルでは、脳の自然な機能の一部にまで定着させるために、
単に毎週行われる授業だけでなく、
PADのような集中講座を受講することによって、
確実にこれらの能力を身につけさせます。

ぜひ、お子様が小さいうちに、
「写真記憶能力」を身につけさせてあげてください。
お子様にとって、一生の宝となります。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

今日のオススメ動画

■「記憶高速処理能力」 壱萬会で身に付く能力
コピー機のように、頭の中にインプットする
能力についてのお話しです!!
◼︎動画はこちら
⇒【★「記憶高速処理能力」 壱萬会で身に付く能力