カブトムシの自作標本を見せてくれました!

こんにちは。

 

梅雨明けがしそうでしないのでじめじめした空気が続きますね。

 

8月の上旬には梅雨明けが予想されてます。

 

男の子は夏のいい天気に虫取りに出かけて自然に触れる良い機会ですね。

 

先日、今池校のY君にこんなものを見せてもらいました。

なんと、カブトムシの標本です!

 

幼虫から育てたカブトムシだったので思い出として自作したそうです!

 

空いているところにメスのカブトムシを標本する予定とのことでした。

 

何かを形にするのはとてもいいことですね♪

 

幼虫から成虫に育てる、一連の流れを経験するというのは脳の記憶にとっても残ります。

 

今では育った虫や生き物を買うことが多くなりました。

 

少し時間がかかってもいいので一から育てる経験を小学生になるまでに沢山経験することをおすすめします。

 

みんなも何か一から育てることをしてみましょう!

関連記事

  1. PAD潜在能力開発高速基本講座で今年も大きな成果が!

  2. テレビ朝日 『ハナタカ!優越館』でヘーグルが紹介されました!

  3. メルマガ更新

  4. お問い合わせ

  5. 【ここだけの子育て成功術vol.330】MEPの優位性を実証!子どもた…

  6. 2歳のフィンガーペインティング芸術家がいました♪