よくある質問

上の子に手いっぱいで、下の子には何もしてあげられていないのですが、大丈夫でしょうか?(下の子に手がかかる場合も含む)

「学ぶ」の語源は「真似ぶ」です。直接的な取り組みが難しい場合には、上のお子さんの取り組みの様子を、間近で見せてあげることで真似ようとして色々なことを学ぶ機会となります。
逆に下のお子さんに付きっきりとなってしまう場合には、上のお子さんにはお兄さん(お姉さん)の自覚を持たせてあげることが大切です。その際に「お兄ちゃんなんだから、やりなさい(できて当たり前)」と言う言い方はNGです。

下の子はまだ自分一人ではできないこと、そこにどうしてもお母さんの助けが必要なことを伝えた上で、兄(姉)として一人前であると認めていて、お母さんが頼りにしている存在であることを、言葉で伝えてあげましょう。また、下の子がぐっすり眠った後に、上の子がたっぷりとお母さんに甘えられる時間を作ってあげるといいと思います。

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この質問を閲覧した方は次の質問も閲覧しています。

  1. パズルを購入しましたが、家での効果的な使い方がわかりません。

  2. 電子音は2時間までと言われましたが、色々聴かせたいものがある場合はどう…

  3. EQを育てるために具体的にどのように接したらよいでしょうか?

  4. 文字と数に興味を持たせるために、おすすめの方法はありますか?

  5. 家での取り組みは毎日やった方がよいですか?

  6. まんだらは、幼児部でも子どもと一緒に宿題をやった方が良いですか?

  7. 父親も積極的に育児参加してくれますが、父親にしかできない役割はあります…

  8. うちの子はプリントが好きで、プリントばかりやりたがりますが大丈夫ですか…

 会社情報 | FCオーナー募集 | 求人採用 | サイトマップ | 個人情報保護 | 幼児教育・胎教 幼児教室ヘーグル


東京都立川市の幼児教室ヘーグルは、
右脳教育を取り入れた幼児教育を行っております。
Copyright(C) HEGL Inc. All rights reserved.