子どもが、何をやるにしてもすぐに「できない」と言うので困っています。

自分に自信のない子は、すぐに「できない」と言いたがります。「できない」という言葉を発することで、気持ちを安定させたり、実際にできなかった場合の受け皿を作っているのです。

そして、自分がうまくできなかったとき、「お母さんから叱られる」とか、「愛されない」といった不安が根底にある場合も少なくありません。ですから、日頃からたっぷりの愛情を与えることを心がけましょう。

抱っこなどのスキンシップや、「大丈夫だよ」といった認めてあげる言葉がけが効果的です。また、「笑顔が素敵だね」「元気がいっぱいだね」など、その子の良いところを、あえて声に出して伝えてあげると、認められているという自覚が出始め自信へとつながります。