よくある質問

年間42回の授業に出席しているだけで、本当に右脳は開けるのですか?

たしかに、年間42回の授業に出席することで右脳を開くことはできます。
ただ、より効果を高めるには、『PAD潜在能力開発講座』の受講もお勧めしています。
右脳を開くことは、そんなに容易いことではありません。木の年輪のようにギュッと凝縮した講座を2~4日間集中的に受けることにより、右脳の成果をより確実に出していくことができます。へーグルには、そのような講座を多岐にわたって用意しています。

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この質問を閲覧した方は次の質問も閲覧しています。

  1. ネットでフラッシュカードはよくないと目にしたので心配です。実際は、どん…

  2. 「波動読み」と「速読」は違うのですか?

  3. うちの子は発語が遅いのですが、大丈夫ですか?

  4. 塾に通わせているのですが、影響はありますか?

  5. 何歳ごろまで通室するのが理想的ですか?

  6. 他の幼児教室との大きな違いはなんですか?

  7. 地震などの災害が起こった場合、どういう対応をされますか?

  8. 休憩室・着替え室・授乳室などはありますか?

 会社情報 | FCオーナー募集 | 求人採用 | サイトマップ | 個人情報保護 | 幼児教育・胎教 幼児教室ヘーグル


東京都立川市の幼児教室ヘーグルは、
右脳教育を取り入れた幼児教育を行っております。
Copyright(C) HEGL Inc. All rights reserved.