PADとはどんなクラスですか?

PAD講座とは、潜在能力開発講座のことを言い、PAD初級、PAD中級、PAD高速学習基本、PAD高速学習実践の4つの講座があります。

小1でPAD初級、小2でPAD高速基本、小3でPAD中級、小4でPAD高速実践という順番に受講していただくのが標準のモデルです。ただし、個人の能力や状況、時期によって受講の順番が変わる場合もあります。

PAD中級は初級を受講済であること、PAD高速実践は、PAD初級、高速基本、中級を受講済であることが参加条件となります。詳しくはPADの詳細ページをご覧ください。