胎教・幼児教育なら幼児教室ヘーグル
右脳開発でお子様の才能を開花
幼児教室ヘーグル 無料ヘーグル教育説明会 お問い合わせ・資料請求

右脳開発で”天才”を引き出す

HEGL通信

2022年3月13日:「第89回壱萬会セミナー」を開催しました

第89回 壱萬会セミナーイベント後記

2022年3月13日(日)に第89回壱萬会セミナーを開催いたしました。
今回も感染症対策を十分に取り組み、成果につなげるための講座として無事執り行うことができました。今回も北野選手を含む2名のゲストをお呼びして、壱萬会のパワー向上と共に、ゲストの方にもパワーを入れました。生徒達の成果は勿論のことトップレベルのアスリートにもパワーが入る。また一段レベルアップした壱萬会となりました。

 

はじめの一歩。バージョンアップ!壱萬会調整会Ⅰ

壱萬会調整会とは1ヶ月間で10,000冊の本を高次元読み(波動読み)で読破し、右脳を開いた生徒がその右脳の能力を自己コントロールできるように調整する講座です。右脳を使うための“型”を身に着けて、その使い方を学んでいきます。
今回行われた調整会Ⅰは壱萬会セミナーに合流するための第一段階です。

壱萬会も階を重ねるごとに、レベルをグングン上げていき、合流するのも一苦労です。そんなこともあり、今回の壱萬会調整会Ⅰはなんとパワーアップしました。なんとこれまで調整会Ⅱでやっていた内容を、調整会Ⅰに卸したのです。ということは調整会Ⅰはやることが増えたわけですが、さすが壱萬会に入っただけのある子どもたち。飲み込みが早く、するすると代表先生の言っている内容を理解していきました。時代が成長していくと、生徒自身もどんどん成長していくと改めて実感していきました。

そしてこの調整会Ⅰで習得していくのが型です。型とは基本の中の基本。この型が正しく理解できていないと、いざ使うとなったときに、真の力を発揮できないわけです。スポーツにも型があるように、壱萬会にも型があるのです。

そして今回の調整会Ⅰは、今までの内容にさらにプラスして内容が増えています。壱萬会が成長していくとともに、調整会も成長していきます。この型をマスターし晴れて壱萬会生となり、現在の壱萬会生と切磋琢磨していくことでしょう。

壱萬会調整会Ⅰの感想文

いろんな事が学べました。こんなことやあんなことをすればいいんだと気づきました。とても勉強になりました。色んなことに挑戦して、できるようになってなんでもできる壱萬会生になれたらいいなと思いました。(小3男子)


・ちょっと難しかったけど、さっき聞いたことが本当にできるんだと思うとワクワクしました。(小5女子)


・これからの世界を担う子どもたちを育てるHEGLの理念には、セミナーに参加させていただく都度共感しております。また、心、脳、体のバランスを重視し、共振共鳴共感する人間を世に送り出されている実績には、個人としても大変素晴らしいことと認識しております。(小1女子 伯母)


・高次元の話を一度で理解するのは難しいですが、これから子どもがたくさんの能力を使えるようになり、自分を高めていけるようになってくれればうれしいです。なかなかやる気が起きなかった娘が最近は壱萬会という目標に向かって一生懸命頑張っていたので、私も全力で応援していました。代表先生のお話を聞きながら、今後使うことができる能力の話になると横で娘は、”すごい!””楽しみ”とワクワクしていました。これからが楽しみです。(小3女子 母)


・波動読み一万冊をさせている間も、このトレーニングがどうなるのか半信半疑でしたが、今日のお話を伺って既存の考えで判断することが無意味だと思い至りました。ただ、科学者の話や波動・次元の話などは部分的にニュースや本などで聞いたことがある内容もありましたので、確かに存在する深い世界をのぞいているのだろうと思いました。ヘーグル教育の深い部分の入り口をみせていただき、混乱しながらも希望を感じております。ありがとうございました。(小1男子 母)

 

人間学講座~これからの世界の状況~

第89回 壱萬会セミナーイベント後記

今回も前回と同様に保護者の方は別室でライブ中継を行い、生徒たちのみ教室で受講という形を取りました。もちろん換気を十分に行いながら、生徒たちの熱気と共にお送りしました。

今回の題材は「これからの世界の状況」についてでした。

こういった幅の広い視点で物事を考えることもとても大切になってくるのです。多方面的に物事をとらえて、それらを自分の力で何とかしていこうという“芽”を育てていくことが大切なのです。

特に今回は昨今話題となっている、ロシアによるウクライナ侵攻について触れていきました。対岸の火事ではなく、実は日本にも多大な影響を及ぼす可能性も十分秘めているわけです。そこには経済での影響をはじめ、アメリカ軍基地があることによる影響、輸出入の影響。戦争が起こるとなるだけで変化が起きるのは当事国だけでなく、もちろん周辺国にも影響は出てくる。ましてや、非核化の進んでいる世の中であっても、プーチン大統領はそれらを武器にしようとしている。

ではなぜ、プーチン大統領はそのような考え方になっていったのか、これから変わることができるのか、そしてどうなっていくのかを生徒達を巻き込み考えていきました。これは、自分は関係ないのではなく、自分なりに考えていく重要性をはらんでおり、社会に対する興味や関心を育むきっかけにつながります。ぜひ、家庭の些細な日常会話にもこういった社会に対する考えをエッセンスとして取り入れて、子どもたちの考え方の強化につなげてほしいと思う講義となりました。

次回もお楽しみください。

人間学講座の感想文

・今回、今起こっている事の実態について知ることができてよかったと思いました。どんな人でも過去の体験や失敗を基に人格がつくられていくんだと感じた。ただ、それを良い方に活かすか、悪い方向になってしまうのかは、人それぞれなんだと思った。自分は、いい方に活かせる人間になりたいと思った。(中3男子)


・今回のウクライナの状況で、人のことを考えられる人が国の管理をしなくてはいけないなと思いました。戦争をすることのデメリットを考え、戦争ではなく話し合いで解決できる人が国を動かさないと、みんなを犠牲にすることになってしまいます。なので、ちゃんと心の教育をすることが大切ですし、自分が偉いんだと思うのではなく、みんな平等で偉いから、命令を出すとか思う人が国を動かすと世界中に悪影響を及ぼすなということも感じました。(小5男子)


人にとって負の体験、記憶というものは、その後の人生のすべてを支配してしまうのだと思うと、とっても恐ろしいです。今世界で起きている事をしっかりと受け止め、同じ地球に住む人として何ができるのか。どうしていけばよいのかを真剣に考えていかなければならないと思いました。今回のお話は子どもたちだけでなく大人もしっかり聞いて、一緒に話していきたい内容だと思います。(小4女子 母)


・とても恐ろしい内容でした。この内容を子どもたちにお話になる決断をなさった理事長先生の決意と子どもたちに対する信頼は子どもたちの心に大きな力となって届くと思います。子どもたちは強い心で戦争は絶対にしてはいけないと思ったはずです。早く戦争が終わる事を願うばかりです。(小2男子 母)


子どもたちにはとても難しい内容ではありましたが、現実を知る事、知らせる事は必要であることを強く感じました。まだ分からないだろうから伝えないではなく、自分(親)がもっと情報からしっかりと学び、子どもに伝え一緒に考えていかなければならないと思います。子どもと話をする機会を作っていきたいです。(小2男子 母)

 

波動の波紋を日本へ!世界へ!周囲を包み込む壱萬会セミナー

第89回 壱萬会セミナーイベント後記

壱萬会セミナーは回を増すごとにどんどん成長していきます。壱萬会セミナーの会を行うたびに生徒達の顔が変わり、成長を実感します。これからのノート指導での指導も楽しみです。また、自分の次元が上がり、できることが増えた壱萬会生たちはその力を自分のみならず、日本、世界へと広げていきます。世界のための能力開発が、ひいては自分の能力開発に繋がっていくのです。

生徒たちは毎回の授業で右脳の力を成長させ、壱萬会という場でその右脳のレベルを一気に引き上げていきます。ですので、授業だけで出ている成果は、まだまだこんなものではないのです。壱萬会生に限界などないのです。毎週の授業と数々の講座を定期的に受けることにより、日々進化をし続けることができます。そんな力が、壱萬会生に、すべての小学生たちに秘められているのです。これからの成長が楽しみです。

壱萬会セミナー感想文

・今回はロシアとウクライナの停戦についてやりました。至急のこととはいえ急にレベルを大きく上げてきたので、最初は「ちょっと無理じゃないかな?」と思っていたけれども今回は全員がいつもよりも集中していたため、いつもより高い次元に行けることができました。そのおかげで今回も目標のところまで達成することができました。(小6男子)


・久しぶりの壱萬会だったが、一月にノート指導をしていただいたので、全然次元上昇ができないわけではなかった。次元が上がるにつれて、右脳、左脳、心のバランスが重要であることが最近よくわかるようになった。自分一人でできることには限りがあるにも関わらず、やらなければならないことはたくさんあるので落ち込んでいたが、今回の壱萬会に参加してなんとなく糸口が見つかったように思えた。次の壱萬会も予定が合えばぜひ参加したい。(大学3年女子)


今日は目標の能力を手に入れることができてとても良かったです。最近コロナの影響で毎週の本科の授業にあまり出られていなかったので、ついていけるか少し不安だったのですが、実践に入る前の代表先生の「もうダメかなと思っても、諦めないで」という言葉のおかげで、ついて行くことができました。今回の能力が使えるとかなり便利なので、手に入れることができて良かったです。(小5女子)

関連記事

幼児教育の豆知識 よくある質問

コース案内

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 子育ての知恵ぶろぐ 第313回 イメージを活用して子どもの可能性を伸ばすコツ PART1

  2. 子育ての知恵ぶろぐ 第312回 子どもの外遊びの重要性

  3. 2022年6月12日:『1DAYPAD高速学習マスター講座記憶実践コース』のご案内