第52回 右脳開発は、なぜ子どもの能力を高めるのに必要なのか

右脳=イメージ脳を使える子は、何をするのにも楽にできる
世の中で活躍している“天才”と言われている人たちの多くは、
右脳を使っています。

イメージの力を使って、局所的な把握だけでなく、
全体を把握する力に長けています。
右脳は入力の脳なので、イメージの力を借りて
スムーズに情報を頭に入れることができます。

そして、その情報を左脳につなげ、それから出力するのです。

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s

 

左脳しか使えない子は、ひたすら、はしごを自力で
上るようなもの。
右脳=イメージ脳がうまく使えないと、ひたすら左脳だけを使い、
必死で物事を覚えて処理しようとします。

たしかに、「量が質を変える」という法則がありますから、
大量に情報を処理すれば、それだけ処理能力も高くなります。
しかし、それでは時間がかかりすぎますし、
また、第一に楽しくありません。

だから、右脳=イメージ脳を使える子に育てたい。

右脳=イメージ脳の働きは、左脳しか
使えない人にとってはうらやましい限りです。

「自分の走る姿を真横から移動カメラで
撮影するように見えるので、自分の走りを研究して、
より早く走れるようになった。」

「コンサートの前の5分間で、1時間の演奏をイメージの中で
リハーサルできたので、本番で最高の演奏ができた。」

このようなことは、右脳=イメージ脳が使える子にとっては
朝飯前です。

右脳=イメージ脳を使えるようにすることが、すべての近道。
0ac07f98b01a06e0401c0a2a1f387d58_s

 

勉強(受験)、スポーツ、芸術、音楽などが速やかに
上達できるようにする近道は、
右脳=イメージ脳を使えるようにすることです。

脳は頭の中に描かれたイメージ通りの現実を
作り出そうと自動的に働き始めます。
ですから、まず成功のイメージを脳に送り込むことが重要です。

右脳=イメージ脳がすべてに通じる理由はこれです。
右脳=イメージ脳を使える子は、それが使えない子と比べると、
はるかに速く結果を出せるのです。

ヘーグルは、誰でも右脳=イメージ脳が
使える教育法を確立しました。

幼少期が、右脳開発の一番の時期です。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
■今日のオススメ動画

「映像化能力」 壱萬会で身に付く能力とは?

壱萬会ではどんな能力が身につくのか?
中高生なってもにも使える映像化(3D)
の能力について、代表からのお話です。

◼︎動画はこちら
⇒【★「映像化能力」 壱萬会で身に付く能力とは?