第246回 子どもの思考力を伸ばすヒント Part1

1859023東京では、そろそろ6月には学校も再開され、
日常の生活が戻りつつあります。

今回の新型コロナの影響は、
私たちの生活がありとあらゆる面で
変わってしまいました。

これだけ印象の強い出来事が起こった時に、
子どもたちの興味をどう振り分けるかが
思案のしどころです。

学校休校で、かえって忙しくなってしまった
(毎日の学校のオンライン授業や宿題で)
子どもたちもたくさんいる、
とは聞いていますが。

例えば、どのような対策を立てれば、
感染防止と経済活動が両立できるのか
といったことを考えてみるのです。

このような活動をすることは、
論理的に物事を考えるトレーニングに
なります。

①現状を分析する

例えば、感染者数の一番多い場所はどこか?
と言えば、東京都。

では、東京都の中で最も多い市区は
どこでしょう?

その時に、23区であっても
人口の多さはまちまちですから、
単に感染者数が多いだけで比べていいのか?

何かの基準をもとに比べなければ、
比べられない。

人口1万人に対して何人が感染しているかを
比較すればいいのでは?

例えば、世田谷区が最多になりますが、
1万人に対する人数はで見ると
第10位になります。

それでは、
人口比で一番多い人数を出しているのは、
港区で11.85人です。

2位は新宿区、3位は台東区、4位渋谷区、
これらの地域に共通しているのは、
夜の繁華街がある地域です。

逆に23区で最も少ないのは、2.0人の江戸川区。

多摩地域では、最も多いのが府中市で2.66人、
1.0人未満は14市、0人は3町村です。

この時、

⑴各区や市の人口を調べ、
 人口1万人当たりの人数を
 ひたすら割り算をして出す。

⑵まだ、割り算ができない年齢であれば、
 各区と市の一覧を見て、
 まずは一番多い区や市を探して
 おおいい順に並べる。

 その時に、各区や市の名称を漢字で書き
 (まだ漢字が書けなければ
 平仮名やカタカナで書き)横に数字を書く。

 それを、東京都の白地図を検索し、
 ダウンロードして書き込み、
 人数基準を作って色を塗る。
 
 この場合、
 できるだけ大きく印刷をする方がいいので、
 家でA4でアウトプットして
 コンビニなどでA3に拡大したりすると
 さらに興味がわく。

②対策を考える

感染に一番敏感なのは、当然
人口比で感染者数の多い地域に住む人たち、
またはそこで働く人たちです。

そういう地域から外の地域に移動されると、
移動された人々は、
コロナを持ってきてしまうことを恐れ、
近隣地域を含めて
自粛ムードが蔓延してしまい、
経済がなかなか活性しません。

では、どうしたらいいのでしょうか?
各ご家庭で考えてみてください。

(一例)
例えば、23区平均の4.49人/万人を
超えている12区について、
居住者全員と勤務者の中での希望者を
抗原検査やPCR検査を行う。

その時、抗原検査は一日で何人できるのか?

PCR検査は何人できるのか?を調べたり、
どこで検査をやるかとか、
様々な要因を考え出して、
できる方法を考えてみる、など。

子どもは、事実をもとに、
実際に有効な手立てを
とことん考えるということをすると、
「いろいろなことを深く考えるという癖」
をつけることが大事なのです。

今回のような身をもった体験をするというのは、
この恵まれた世の中においては
非常に貴重な機会なのです。

一度、最後まで考え抜くという経験をした子は、
さらなる思考体験を求めるようになります。

例えば、東京都の例を応用すれば、
大阪府の場合、神奈川県の場合等、
いくつもパターンがあります。

今回、「非常事態宣言」が
出され続けている都市について、
同じことをやれば
相当の学力の基盤を作れます。

ぜひ、「学びの機会の創出」のヒントに
してみてください。

 
■今回、レクチャーで使用している資料のリンク先をご紹介します。

【多摩地域30市町村】新型コロナウイルス感染症情報まとめ(7月25日更新)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051902100034

https://power-point-design.com/ppt-design/tokyo-for-powerpoint/