子育ての悩みを解決!4歳~6歳保護者セミナー開催!

HEGL/へーグル/幼児教室/能力開発/幼児教育/4~6歳

見てくださいこの写真。

4歳~6歳のお子さんを持つお父様やお母様です。

教室いっぱいに集まってでも聞きたい話……

 

『4歳~6歳ってどんな時期?』

 

今回は4歳~6歳への

子育てのポイントを話しました!

 

他では絶対聞けないはない話。

 

「親として子どもに『今』

どんなことをしたら良いの?」

「家での子どもの

こんな行動に困ってます!」

 

などなど・・・

 

子育てをしていたら悩みは尽きませんよね。

そんなお父様・お母様の質問に

今回は理事長先生が全てお答えしました!

 

右脳だけでなく、

左脳も発達してくるこの時期。

 

『文字が書けた!』

『プリントができた!』

『足し算ができた!』

 

こういった結果に目が行きがちになります。

 

でも、でも!

 

それ以上に心が大きく

成長する時期でもあるんです!

 

HEGLでは、この心の成長・人としての器の成長を

「木の幹」と例えて言っています。

 

プリントの結果などは、

あくまでも「木の枝葉」。

 

この4歳~6歳の時期にどれだけ

「木の幹」を太くできるか・・・

 

HEGLと共に太い幹を持つ大きな人間に

育てていきましょう!

 

参加された方の感想をご紹介します!

 

★先日知人から、「右脳も良いけど、

読み書き計算なども必要なのでは?」

という質問をもらったばかりで、

その答えが改めて明確になりました。

 

今の10歳までの時期は、幹の部分が大事との事。

とても納得しました。やはりバランスですよね。

左脳的アプローチもしっかりしてくださるHEGLに,

より信頼を感じさせてもらいました。

全てがとても良い確認と学びの内容でした。

 

 

★HEGLの考える教育の在り方や価値観と、

私たち夫婦が考える子どもへの

教育方針の方向性が同じであることを再確認でき、

大変有意義な時間でした。

 

親として子どもの成長のために

いかに幹の部分を太くすることができるか。

今の世の中ではどうしても枝葉の部分にばかり

目が行きがちだと考えています。

また、今の子どもたちは自然とのふれあいや、

遊びの創作等の機会が少なく、

ゲームやリアルなおもちゃ等により,

想像力を育みづらい環境に

置かれていることも事実だと思います。

 

HEGLで右脳を鍛えることにより、

イメージ力や感性を育てることができ、

そのことがひいては左脳的な部分の発達に

大きく寄与しているという事を

改めて理解することができました。

 

 

★コロナが落ち着きはじめ、

周りが習い事の追加ブームで、

3つや4つも複数の習い事を始め出し、

勉強や運動・音楽や絵など、

どう組み合わせていけばいいか

悩み始めていたところでしたが、

詰め込みすぎず、完璧は目指さず、

HEGLの教育理念を信じ、

焦らずやっていこうと自信がつきました。

「大きな幹が作られれば、

自然と枝も伸びて、立派な花になる。」

本当にそうだなと感じました。