2020年9月6日:「第83回壱萬会セミナー」を開催しました

2020年9月6日(日)に第83回壱萬会セミナーを開催いたしました

今回は前回、前々回に続き、カットされていた人間学講座が復活し、たくさんの生徒が参加しました。多くの申し込みをいただいていたため、密を避けるために人間学講座は第二校で子どもたちを中心に行い、本部校で保護者に向けてZOOMによる生中継を行いました。
壱萬会セミナーでは対面授業とオンライン授業での次元上昇もあり、さらなる高い次元に向かうことが出来ました。

新たなる壱萬会生。壱萬会調整会Ⅰ

壱萬会調整会とは1ヶ月間で10,000冊の本を波動読み(高次元読み)で読破し、右脳を開いた生徒がその右脳の能力を自己コントロールできるように調整する最初の講座です。
自分に秘められた潜在能力を最大限に引き出す方法=型を身に着けるための講座です。波動読み(高次元読み)は、共振、共鳴、共感能力を身に着けるための手段であり、その力を実際に使えるようになることが壱萬会調整会の目的でもあります。
これまで壱萬会生が培ってきた能力をこれから壱萬会生となっていく生徒たちに指導するために、調整会Ⅰと調整会Ⅱという二段階を経ていくわけです。

今回の調整会では1年生も多く参加し、自分たちに秘められている能力を聞き、とてもうれしそうに話を聞いていました。今回調整会Ⅰを受講した生徒たちが、次回の調整会Ⅱを経て、さらなる成長をし、現在の壱萬会生と合流していき、未来をけん引する大人になっていくことを楽しみに思います。

壱萬会調整会Ⅰの感想文

  • 本日のお話を聞いて、まだ壱萬会の本当の一歩程度ということが分かりました。お話しいただいた内容をきちんと把握して、子どもと共に進めていきたいと思います。本日はありがとうございました。(小1女子父)

  • 子どもの能力は無限に開発できるものだと改めて知りました。大人は目に見える世界しか理解できず、子どもの行動を押さえつけてしまいがちですが、もしかしたらその行動にも意味があり、違うものが見えることが今後あるかもしれないと理解して見守っていけたらと思います。自分の子どもにも必ずできると信じて支えて共に頑張りたいです。(小1女子母)

  • 壱萬会がどういうものであるか、どういう理論で行っていくのか、どんな能力を身に着けていくのかを詳しく説明してくださりありがとうございました。すべてのお話が納得のいく分かりやすく、科学も踏まえたお話だったので、きちんと子どもが実行していければ能力を身に着けることが出来ると感じました。念願の壱萬会調整会までたどり着けたので、今後もついていけるように子どもをサポートしていきたいと思います。(小3女子母)

 

久しぶりの開講。人間学講座

前回、前々回と新型コロナウイルスの影響を踏まえ、カットとしてきた人間学講座。今回2回ぶりに人間学講座が開講されました。
久しぶりの人間学講座に理事長先生も力が入り、子どもたちもそれに引き込まれるように聞いていました。今回は密を避けるため保護者の方々には本部校とのライブ中継をいたしました。

今回は「激変する社会への対応法」を話していきました。直近の情報を基に理事長先生が子どもたちに向けてわかりやすく話をしていきます。時には笑いがあったり、時には真剣なまなざしで講義を聞き、世の中の事象について深く考えていました。

世界は目まぐるしく変化していきます。その状況に対応できる子どもたちになっていくために、自分の能力開発をしていきながら世の中の動向にも興味を持ち、自分の力を使って世の中の役に立つ人間に成長していってほしい。HEGL全体での思いでもあります。

人間学講座の感想文

  • 子どもの将来の仕事に自分のころは考えもしなかったものがたくさんで、何が何だかって感じでした。ということは、何が将来につながるかわかない=なんでも将来のためになる!そう思うと、今の自分の価値観で子どもたちを縛ってはいけないなと思いました。
    無限の可能性をつぶさないように、自分自身のアンテナを広げ、古い価値観にとらわれることなく応援していけたらいいと思います。
    (小3女子母)

  • 息子にはこれこそ自分の転職だと思えることを早く見つけて、それに向かって全能力を集中できるようになってほしいと思ってへーグルに通わせています。
    いい大学に入って有名な企業に勤めることが安定した幸福な人生という価値観はもはや旧来のものになってきた昨今、子どもが関心を持っていることはなるべく自由にやらせようと心がけていますが、自分が育ってきた価値観が邪魔をし、どうしても平均的な能力を求めていることに気づき、反省することも多いです。
    今後も変化していく世の中のスピードに対応して、自分の進む道を見つけて進んでいくには右脳開発が不可欠だと改めて感じました。本日はありがとうございました。
    (小3男子父)

  • いつも理事長レクチャーを楽しみにしています。今回も新しい情報を学ばせていただきありがとうございます。
    子どもの可能性は無限だということ、親の狭い範囲で子どもを縛らないことに気をつけたいと思いました。勉強以外にこのようなお話を聞けるのは親にも子にも大変ありがたく貴重だと感じています。
    何よりも本当に真剣に話してくださること、とても感謝しています。
    学校で先生からこのようなお話や心の話を聞ける機会がなく、規律ばかり学んでいるように思います。へーグルでのお話は必ず子どもに残っていると感じます。
    これからもよろしくお願いいたします。
    (小2男子母)

 

さらなる次元上昇。壱萬会は次のステージへ

今回の壱萬会は今までの10倍、100倍、1,000倍、10,000倍の次元上昇を行っていきました。
今までよりもはるかに高い次元まで能力を上げていきました。それらはすべてオンライン授業による映像で高次元の種を入れていたからです。
壱萬会という最高の環境で最高の種に栄養を与え、水を与え、光を与え、最高の能力として花開かせていくのです。そして次元が上がるということは、自分のできることも増えていきます。
今回の壱萬会セミナーで壱萬会生の能力はさらに広く、そして深くなったことでしょう。

壱萬会に入ることによってそれらの能力の“使い方”を学ぶことが出来ます。
自分の潜在意識に莫大な力が眠っていたとしても、使い方を知らなくては使うことはできません。目の前に車があっても免許がなければ運転することが出来ないのです。免許がない状態で車に乗ったら事故が起きますよね。それと同じです。
新た能力を毎回身に着け、そしてそれを使えるようになるまで鍛え上げていく。それが壱萬会セミナーなのです。できるようになったから使えるようになるのではなく、できるようになって使っていくことによって自分の意志で使えるようになるのです。

もちろんすべての子どもたちが使えるようになります。トレーニング次第です。人間の持つ未知なる可能性を開き続ける。そんな壱萬会の動向をこれからも見守りたいですね。

壱萬会セミナーの感想文

  • 今回の壱萬会で自分の次元がものすごく上がったのがとても分かりました。
    自分の次元が上がったからサッカーも上手くなるパワーが自分の中でできました。次元が上がって記憶力も上がったりしているのではないかと思った。
    この次元が上がったことで、自分も一つ上に上がったと思いました。次の壱萬会でもっと上へ行きたいです。
    (中1女子)

  • 中級PADに続いて2回目の高次元のパワーをへーグルで受けることが出来ました。
    家でやるとどうしてもみんながいないので、レベルが下がってしまうのでへーグルでやるのがいいと思いました。
    一年前の壱萬会は難しかったけど、今日は来てよかったです。なぜなら久しぶりに高次元に行けたからです。次回はもっと上の次元まで行ってみたいです。
    (小3女子)

  • 今回、パワー交換や、波動読み(高次元読み)はなかったけど、代表先生が10年間考えていた新しい能力を新しいステージで手に入れることが出来てよかったです。今回の壱萬会で自分が行ったことのないステージに行けてよかったです。
    これからの勉強に今日手に入れた新しい能力を使って頑張っていきたいです。ありがとうございました。
    (小6男子)

  • 今年のPADに出ることが出来なかったので、新しいステージに行くと聞いて驚きましたが、無事にいくことが出来てよかったです。少し行くのがきつかったので、パワー不足を改めて実感しました。
    未来と今回のステージがつながっていることが分かり、より強い波動を認識することが出来ました。今回は頭でわかるよりも、感じることの方が多い壱萬会でした。
    (大学2年女子)

  • 今回私は中級PADに出ることが出来なかったので次のステージに行くことが出来るか、この場についていくことが出来るか、右脳が開いているか不安でしたが、きちんと次のステージに行くことが出来ました。
    精神的にも体力的にも疲れがたまっていましたが、今回のステージに行ったおかげで疲れが少し取れました。自分に自信を持てた気がします。これから復帰に向けて頑張りたいです。
    (小6女子)