2021年2月21日:「第1回マンスリーMEP」を開催しました

2021年2月21日(日)に第1回マンスリーMEPが開催されました

MEPとは(M=MOST(最も)、E=EFFECIVE(効果的で)、P=PERFECT(完璧な)、COURSE(コース))の頭文字をとり、これからの時代に必要とされる右脳開発の完全サポート中学受験システムのことです。
そして、「右脳と左脳のベストコンビネーション」、「素地力」が飛躍的に向上、その先にある超集中による高効率学習を体感し、学ぶこと・考えることの楽しさを身に付けることです。

今回から進級して最初のマンスリーMEPが始まるということで、生徒たちは新たな学年での学習を楽しみにしている様子でした。
今回は「ベーシック」を中心に様子をお伝えさせていただきます。

算数

はじめに線分図について学びました。
問題を出題されると、多くの生徒が「出来ました!」と先生からのチェックを受けました。生徒たちの積極性が伺えました。
次に図形の角度の計算を学びました。先生が実際に図形を書いて解説することで、より理解が深まりました。

理科

はじめに光の直進のMEPソングを聞きました。先生が歌詞をベースに、解説していきました。
MEPソングの題材を深掘りできる点は、マンスリーMEPの魅力の一つです。
その後光の直進の実験を行いました。入射角や反射角などについて学ぶことが出来ました。
水中での光の進み方についても学びました。最後に先生が光ファイバーや、LEDについて解説し、テクノロジーについても学ぶことが出来ました。

国語

「読める字は書けるようにする」というテーマを扱いました。
その途中で「話は浅いと面白くない」という事について解説しました。深い内容だからこそ心に根付くものであり、生徒たちも真剣に話を聞いていました。

人間学

人生の教科書、「第25話 学校のトイレに行けない症候群」をテーマに扱いました。
人間学は理事長先生からの指導を受けられる貴重な機会ですので、これからも一緒に学んでいきましょう!

社会

21

「循環型社会に必要な3つのR」のMEPソングを復習しました。実生活でもよく見かける内容ですので、皆でリデュース、リユース、リサイクルを実践していきましょう。
次に生活用水について学びました。東京ドームや、両国国技館で雨水がトイレ用水として使われていることなど、知識が増えました。

授業全体において左脳だけでなく右脳も使い、同時に更に大きく成長させていきます。生徒たちは、確実にステップアップしていきます。回を重ねる毎に、自分がどれだけ飛躍的に成長できたのか実感できるでしょう。これから生徒の成長を見届けられることが非常に楽しみです。

次回のVol.2は3月21日(日)に行われます。ご興味のある方、お子様の更なる飛躍な成長を期待される方、体験(有料)も受け付けておりますので、是非ご参加をお待ちしております!